カテゴリー: 新しい時代を生きる力

つなぐものとしてのブログ、受け皿としてのライフハック

先日、『ライフハック大全』の発売記念イベントが開催されました。 250ものライフハックが詰まった「ライフハック大全」発売!発売記念イベントで改めてライフハックの凄さを感じたぞ! #ライフハック大全 | むねさだブログ 「…

多様性と「自分のゲーム」

たとえば、魔王を倒しに行くパーティーは、なるべく多様性があった方がよいでしょう。戦士ばかりだとゴースト系に苦労しますし、魔法使いばかりだと魔法が効かない相手をどうしようもありません。それぞれ違ったスキルが組み合わさること…

〈混ぜるな危険〉

リスト、というものを運用する際には、そこに入れる項目の属性を揃えておくことが肝要になります。 むしろ話は逆で、属性の揃った項目が並んでいるのがリストなわけですから、属性が揃っていないと、リストの性質そのものが変化してしま…

反応的思考の4つのタイプ

以前こんな記事を書いた。 ゼネプロの事例から考える(下) – R-style 2012年のことだ。そして、あいかわらず注目を集めるのはクリエイターかスターである。別にそれはそれで良いのだが、サポーターがスターをロールモデ…

感情的反応・コミットメント・決断主義

「状況に左右されずに、常に同じ反応を示すこと」 さて、これは、合理的な反応と感情的な反応のどちらでしょうか。 うん、そうですね。なんとなく合理的な反応な気がしますね。理知的というか、理性的な雰囲気が漂ってきます。 しかし…

知楽生活

ここ数日、教養についていろいろ書いていたら、とある訃報を目にした。 渡部昇一氏が死去 英語学者、保守派の評論家  :日本経済新聞 英語学者で保守派の評論家として知られる上智大学名誉教授の渡部昇一(わたなべ・しょういち)氏…

教養と共感

口は災いの元などと言う。 山本地方創生相「いちばんのがんは学芸員」発言 きょう撤回 陳謝 | NHKニュース 山本地方創生担当大臣は16日の講演で、外国人旅行者に対する文化財の観光案内が不十分だと指摘したうえで、「いちば…

教養と地図と自由と

R-style » 新しい言葉と自分のフィールド 続けよう。教養についてだった。 たとえば、「教養がある人」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるだろうか。 知識が多い人? それはそうだろう。しかし、知識をたっぷり持って…

権威主義と距離を置いた信頼

情報を伝える行為において大切なことは何だろうか。 たぶん、信頼だろう。 情報そのものの信頼性ではない。もちろんそれも大切だが、書き手に対する読み手側からの信頼こそが最も大切である。 なにせ発信者は人間である。人間は間違い…

新しい言葉と自分のフィールド

『勉強の哲学』に関係する話を少し。 勉強の哲学 来たるべきバカのために (文春e-book) posted with amazlet at 17.04.12 文藝春秋 (2017-04-14)売り上げランキング: 243…

YouTubeの線引き

以下の記事を読んだ。 YouTube、視聴回数1万未満のチャンネルは広告収入なしに – ITmedia NEWS  米Google傘下のYouTubeは4月6日(現地時間)、「YouTubeパートナープログラ…

一周回って、酸いも甘いも噛み分ける

麻雀の覚えたての頃って、相手の手なんか読めないのでガンガンつっぱねるわけですよね。好きな牌を切る。 で、ちょっくら覚えてくると、抑えるようになる。切らないようになる。防御力は高くなる代わりに、攻撃力は落ちる。トレードオフ…

こんなコマンドはいやだ

 みんながんばれ 自分は何もしない  ガンガンいこうぜ なのに勢いだけはあるように振る舞う。  めんつをだいじに なにより大切なのは自分の面子。  はいりょをつかうな それを守るためなら他人への攻撃も辞さない。  だんて…

労力は微分し、成果は積分する

基本的な考え方なのだが、労力は分け、成果は積み重ねた方がいい。 労力 ある本を完成させるのに10万字の原稿が必要だとしよう。 大変だ。 しかし、それを5つの章に分ければどうだろうか。2万字×5となった。少し楽になる。 そ…

背理の思考が縛るもの

花村太郎さんの『思考のための文章読本』には、10個の「思考の方法」が紹介されていて、そのうちの一つに「特異点の思考」があります。極端な状況を設定し、そこから思考を展開していく思考法です。 そのような思考法の中には「背理の…