『知的生産技術大全』の現代的意義試案

仮に『知的生産技術大全』という本を書くとして、その現代的な意義はどこにあるのだろうか。 先日の記事にも書いたように、発想法はクリエーターのためだけの技法ではなく、問題解決のための新しい視点を提供してくれる技法でもある。そ...

Ulyssesの穴を埋めるのは……

Ulyssesが買い切りモデルから、サブスクリプションモデルに移行すると聞いて、若干悩んでおります。 Ulysses Switches to Subscription | Ulysses Blog 現状の私の原稿管理体制...

勝手に構成案 〜最後のライフハック本〜

最後のライフハック本(1)「仕事が進むToDo管理」の章 | Lifehacking.jp もっとも、この章は次の2章「時間管理」と入れ替えるかどうか、まだ悩んでいるところです。時間の使い方から語り起こして時間の内容に進...

ある種のブロガーの集いの場としての「かーそる」

以下の記事を読みました。 かーそる 2017年7月号 特集『書く道具と 書く動機』を読んで: tadachi-net 出張所 先日発売した「かーそる 2017年7月号」の感想を頂いております。最初はライトなノリで始まって...

「自分の仕事」を見定める

真綿で首を絞めてくるような暑さの三条通を上がり、ひやりと空調の効いた喫茶店へと入る。ブレンドを注文し、ほっと一息。紙を広げ、ペンを準備する。 さて、自分はこれからどういう本を書いていくのだろうか。 そんなことを考えるのは...

本を一冊書き上げるまえに心がけていること

以下の記事を読みました。 本を一冊書き上げるために心がけていること – 佐々木正悟のメンタルハック 自分は、本を一冊書き上げるまでは、極力「変化しない」ことを心がけます。 非常に単純なことをいえば、最初の一文...

思考のホームポジションを持つ

“過去を認識するのは常に現在であり、未来を夢見るのもまた常に現在である。” 次の記事を読んだ。 23-seconds blog: 険しく遠い千里のホテル ノートの使われ方にもいろいろとあります。私...

贅沢な推敲時間

『Dr.hack』は、「月くら」計画ZZの一発目の本でした。 Dr.Hack (Lifehack Lightnovel) posted with amazlet at 17.05.05 倉下忠憲 (2017-03-23)...

なんだかんだで使い続けているiPhoneアプリ10選 ~2017ver.~

iPhoneを使い続けて結構長くなるわけですが、その間にも新しいアプリが登場したり、古いアプリが使えなくなったりして、盛者必衰というか新陳代謝というか、何かそういう現象が起きています。 で、まあ、ある程度時間が経ってみて...

違和感表現としての寝かせたままの文字

最初はふとした気まぐれだった。 「Dr.hack」のメルマガ連載は、当然のように横書きであったし(なにせメルマガだ)、その〈製本版〉も横書きでいこうとナチュラルに考えていた。計画段階では。 そもそも小説は縦書きであらねば...