カテゴリー: 本の紹介

「はじめての新書」風に三冊を

「はじめての新書」という小冊子を読んでいたら、いろいろな方が3冊の新書を紹介されていた。面白そうなので、自分もやってみる。 切り口はいろいろあるだろうが、岩波新書縛りにしておいた。 ■ 知的生産の技術 (岩波新書) po…

君の財布は耐えられるか。 ニコニコカドカワフェア2018【50%OFF】ライトノベル編

というわけで、カドカワ祭りです。2018年10月11日までです。 今回はライトノベルをピックアップ。 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫) posted with amazlet at 18.10.01 K…

それは、悪魔の呼び声。早川文庫【最大50%OFF】海外SFセール (9/25まで)

最近タイトルで遊ぶのが好きです。 さて、先日科学本のセールでどかどか早川さんの本を買っちゃったわけですが、 まるでコンボのように次のセールが始まってしまいました。 【最大50%OFF】海外SFセール なんと恐ろしい響きな…

【書評】『エンジニアの知的生産術』(西尾泰和)

私は別にエンジニアというわけではないが、「知的生産術」と言われれば興味を持たないわけにはいかない。それに、著者のScrapboxは興味深く拝見していたので、まあ、間違いはないだろうとも予想していた。予想は間違っていなかっ…

【書評】発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術(借金玉)

読書歴を重ねてくると、面白い本をかぎ分ける嗅覚のようなものが備わってくる。本書の著者についてはまったく存じ上げなかったのだが、表紙を見た瞬間にピンと来た。そして電子書籍で発売日に即座に買った。 発達障害の僕が「食える人」…

【書評】アウトライン・プロセッシングLIFE(Tak.)

すべては、つながっている。おそらくそう言っていいだろう。 アウトライン・プロセッシングLIFE: アウトライナーで書く「生活」と「人生」 posted with amazlet at 18.06.30 (2018-06-…

【書評】バカロレア幸福論(坂本尚志)

本書は、「考える」についての本だ。考えるとはどういうことか、考える上で私たちは過去の哲学者や思想家とどのように付き合っていけばいいのか、そうしたことを提示してくれる。 骨子となるのはバカロレア試験だ。フランスで行われるそ…

【書評】「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

本書を見て、最初に思ったのが「なぜ、「箇条書き手帳」ならうまくいくのだろうか」という疑問である。これは「メモ」の研究において、重要なファクターになりそうな予感がある。 そうした疑問を抱えながら、本書のページをめくってみる…

【書評】『アルゴリズム思考術』ブライアン・クリスチャン& トム・グリフィス

最初に言っておくと、ライフハック的な分野に興味を持っている人なら、間違いなく何かしらアンテナに引っかかる本である。逆に、「根性で頑張る」「完全な解法をあなたに」的なものが好きならば、本書はお気に召さないだろう。 アルゴリ…

2017年の<びっくら本> 発表! #mybooks2017

さて、今年読んだ本のなかで、「頭をガツンとやられた一冊」を紹介しましょう。 ほんとはね、名前を挙げたい本はいっぱいあるわけですよ。しかし、紙面上の都合とかそういう大人の事情が、えっ、前置きはいらない? ではさっそくまいり…

【書評】『問題解決大全』(読書猿)

まず最初に断っておくと、本書は大全である。 問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール posted with amazlet at 17.11.20 読書猿 フォレスト出版 (2017-11-19…

【書評】『ライフハック大全』(堀 正岳)

著者のメッセージはシンプルである。 「小さなことを繰り返すことで、大きな成果が得られる」 繰り返される小さなこと、つまり小さな習慣が人生を変える。むしろ、もっと強調して言ってもいいだろう。つまり、小さな習慣だけが人生を変…

【書評】謎床: 思考が発酵する編集術(松岡正剛 ×ドミニク・チェン)

松岡正剛とドミニク・チェンによる対談集。 謎床: 思考が発酵する編集術 posted with amazlet at 17.10.26 松岡 正剛 ドミニク チェン 晶文社 売り上げランキング: 14,650 Amazo…

【書評】『インターネットは自由を奪う』(アンドリュー・キーン)

インターネット存在に警句を告げる声は少なくない。また、その対象もさまざまである。ジャロン・ラニアーの『人間はガジェットではない』では、多様で複雑な人間存在がインターネットに(あるいはデジタル処理に)押し込まれてしまう点を…

【書評】反脆弱性(ナシーム・ニコラス・タレブ)

不安定な状況に対処するには、どうすればいいだろう。まず思いつくのが、不安定さを無くしてしまう方法だ。安定さで押さえ込み、「安定的な状況」を作ってしまう。あるいは、不安定なままでもやっていける状況を作ってもいい。波の乗り方…