カテゴリー: 知的生産の現場

Scrapboxの週間ページの補足

クイック・レビューの補足です。 Scrapboxで作っている週間ページは、UserScriptを経由して以下のような日付リンクが自動的に作成されるようになっています。 で、ここにその週コミットしたいプロジェクトとその指針…

Scrapboxは軽い

Scrapboxは軽い。もう少し言うと、重さを感じない。 現在発想工房は1600ページを超えているが、そんな実感はまったくなく、100とか200ページの頃と大差ない感覚で使えている。 それはもちろん、アプリ自体の動作が速…

デイリーページに書き留めたものたちの扱い

inboxをなくし、とりあえず思いついたことをその日のページ(≒項目)に書き留める方式を採用した場合、日々のデイリーページには、さまざまな思いつきが残ることになる。実行されるべき行動、つまりタスク以外の情報が残留していく…

Dynalistでよく使うショートカットキー

Dynalistを本格的に使い始めたので、まずショートカットキーを覚えました。WorkFlowyと違うものもあるので注意が必要です。 とりあえず、よく使っているのは以下。 ちなみにMacです。 項目の完了(チェックマーク…

WorkFlowyでバレットジャーナル

「Evernoteでバレットジャーナル」、「Scrapboxでバレットジャーナル」とくれば、もちろん残すはWorkFlowyでバレットジャーナルです。 ただし、前二つがノート系ツールであり、ページという単位を持っているの…

メモは踊る

メモはつながる。 あるときに書かれたメモと、別のときに書かれたメモは、時間の断絶を乗り越えてつながることがある。だからこそ、メモは操作できなければならない。 「メモはつながるけど、つながるだけじゃないな。たとえば内容を掘…

Anchorはトラックバック文化2.0を作り出すか

以下の記事に面白い一節があった。 『凡人の星になる』を読んでありのままを出そうと思った – さおとめらいふ 自分なりに、それとなくうまく生きていれば、それで良いのだ。というメッセージがばんばんに伝わってきて、笑ながら共感…

本を書き、本を売り、本を紹介する

下の記事を読みながら、ぜんぜん違うことを考えていた。 執筆することと、出版することのあいだの断絶 | Lifehacking.jp さきほどまで細心の注意をはらって執筆していた状態から、目立ったもの勝ちで有限の棚を他の本…

Scrapboxでバレットジャーナル

Evernoteでバレットジャーナルができるなら、Scrapboxだってできるだろう。 【書評】『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』(ライダー・キャロル) – R-style 上の本を参考にちょっとセットアップし…

Evernoteでバレットジャーナル

私は「ノートは最高」派なので、デジタルとアナログに貴賎は設けない。 だから、バレットジャーナルをEvernoteでやってみたらどうなるか、みたいなことをすぐさま考えてしまう。 【書評】『バレットジャーナル 人生を変えるノ…

【書評】『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』(ライダー・キャロル)

つまり、ノートは最高なのである。 バレットジャーナル 人生を変えるノート術 posted with amazlet at 19.04.22 ライダー・キャロル ダイヤモンド社 売り上げランキング: 89 Amazon.c…

Scrapboxは切り口を与えるツール

本稿では、まずScrapboxにおけるハッシュタグの運用について検討し、ついで「切り口」について考察する。 最終的に描写したいのは、「Scrapboxは切り口を与えてくれるツールである」というこのツール独特の性質である。…

もうすぐMy Scrapboxも1500ページです

アイデアなどを書き留めているプロジェクト「倉下忠憲の発想工房」がそろそろ1500ページです。 現状は、あともうちょっと、というところですが、最近のページの増加速度を考えれば、きっとあっというまでしょう。 1500。なかな…

お祝いに「おすすめ本」を教えます

ババアレベル34にUP!お祝いに「おすすめ本」教えてください – 言いたいことやまやまです レベルアップに伴う特殊効果「物乞い」を発動します。 「物乞い」というか「情報乞い」ではないのだろうかと思いつつ、なん…

箇条書きだって簡単ではない

以前、以下のページを読んで、なるほどなと思った。 美文章滅すべし – 橋本商会 たしかに、箇条書きというスタイルは、意見のやりとりに便利だと思う。でもって、僕らが(つまり、僕みたいな文章を書く人間が)演説スタ…