AppleScriptでEvernoteを操作する 第十五回

前回は、検索を使ってノートの情報を取得してみました。キーワードを指定することで、ノートブックやタグを限定することも可能です。 ただし、前回では検索キーワードは固定されていました。それを選択できるようにするのは、どうすれば...

Evernoteの標準機能としてぜひ欲しい「Add NoteLink」

まず、状況の説明からいきます。その次に書いたコードを紹介します。 状況とニーズ 私は、「その年に読んだ本の一覧表」をEvernoteに作っています。一年分の日付を書き込み、その日に読了した本の名前を書き込む。それを続けて...

【書評】『ライフハック大全』(堀 正岳)

著者のメッセージはシンプルである。 「小さなことを繰り返すことで、大きな成果が得られる」 繰り返される小さなこと、つまり小さな習慣が人生を変える。むしろ、もっと強調して言ってもいいだろう。つまり、小さな習慣だけが人生を変...

AppleScriptでEvernoteを操作する 第十四回

前回は、選択されたノートの複数を対象とした処理について書きました。これを使えば、ノートタイトルの一括処理などが簡単に行えますね。 今回は、「選択されたノート」以外によるノートの処理方法を紹介してみます。使うのは、検索です...

情報管理ツール:7wrinerの基本的な動き方

前回:情報管理ツール:7wrinerについて その2 二回に分けて、7wrinerについて書いてみた。 一応大まかにはできあがっているのだが、まだまだ粗い部分が多いので、完全公開とはいかない。その代わりに、一番ミニマムな...

情報管理ツール:7wrinerについて その2

前回:情報管理ツール:7wrinerについて その1 情報は脳内をたゆたう。 ある場所にあるかと思えば、すぐさま別の場所に移動してしまう。 情報は孤独ではいられない。 情報はつながりを持つ。つながりを欲する。 情報と関係...

情報管理ツール:7wrinerについて その1

前回:情報管理ツール:中ぐらいの断片を扱うためのツール 7wriner 現在開発真っ最中の7wriner(セブンライナー)というツールがある。 で、このツール、最初はまったく別の目的で作り始めたのだが、途中から「これって...

情報管理ツール:中ぐらいの断片を扱うためのツール

前回:情報管理ツール考察:ツールごとの断片の扱い方 いびつなサイズ分布 もう一度、各ツールの断片のサイズを思い出してみよう。 WorkFlowyは「一行」だった。これはアウトライナーに基本的に共通する単位でもある。対して...