カテゴリー: 知的生産の現場

『Scrapbox情報整理術』用のアウトライン

Hi. This time I will introduce the outline I used when I wrote 『Scrapbox情報整理術』. Although it is good to be help…

『Scrapbox情報整理術』用の手書きメモ

目次、参考文献の紹介と来たので、今回は手書きメモを。無印良品の落書き帳に書いております。 「はじめに」についてとりあえず書き出してはみたものの、あまり進まず。初期段階ではよくあります。 こちらも同様。 全体の構成の整理で…

『Scrapbox情報整理術』の参考文献をチラりと

前回は、冒頭の目次をチラ見せしましたが、今回は逆に巻末の参考文献リストをチラ見せしてみます。 本文中直接言及しているものもありますし、考えのベースになったものもあります。あるいは、ネクストステップ的に読める本もあります。…

情報が、集まらない問題

タイムラインを見ていたら、千羽鶴の話がいろいろ流れてきた。 各方面から、さまざまな意見が提出されている。中にはすごくバズっているツイートもある。 でも、それらって、どのくらい「使われる」のだろうか、ということがふと気にな…

【書評】発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術(借金玉)

読書歴を重ねてくると、面白い本をかぎ分ける嗅覚のようなものが備わってくる。本書の著者についてはまったく存じ上げなかったのだが、表紙を見た瞬間にピンと来た。そして電子書籍で発売日に即座に買った。 発達障害の僕が「食える人」…

『Scrapbox情報整理術』の目次をチラりと

さて、7月27日日発売予定の #Scrapbox本 について何回かに分けて書いていきます。 Scrapbox情報整理術 posted with amazlet at 18.07.11 倉下 忠憲 シーアンドアール研究所 …

「考える」ための構造と「使う」ための構造

目下のプロジェクトが一息ついたので、いろいろ疎かになっていた他のプロジェクトも含めて、自分の手持ちの「気になること」を紙に書き出してみました。 こういう空間的な表現には、もちろん意味があって、「手前の方に書くか奥の方に書…

ノートにゆっくり書く

すっかりデジタル三昧な日々を送っているわけですが、ときどきふと、紙のノートに書き込みがしたくなります。 それも、チャチャッと書き出すラフスケッチではなく、じっくりゆっくり書き出す文字書きです。 「どこに書いたって一緒」 …

シームレスに執筆を開始する at Scrapbox

その日のデイリーページに、フリーライティングぎみにその日のことを書く。 まず本日締切の連載原稿から取りかかりたいところ。頭の働く朝のうちに執筆を進める。ゴールデンルールだ。 テキストを選択し、そのまま開きブラケット([)…

「本の感想箱」というScrapboxの公開プロジェクトを作りました

特に強い目的意識もなく、以下のようなプロジェクトを作ってみました。 本の感想箱 本の感想を持ち寄るためのプロジェクトです。 ブログで「書評」を書くのはちょっと大仰だけど、かといってつぶやきだと短いし、流れちゃうのがちょっ…

ネタフル5万記事、R-style5000記事

ネタフルさんが15周年を迎えられたようです。おめでとうございます。 ネタフル的ブログ生存戦略 〜15周年に寄せて 先日、自分の(つまりこのブログの)記事数をチェックしていたら、5000を超えていて、 まあ、一番古い記事が…

【書評】アウトライン・プロセッシングLIFE(Tak.)

すべては、つながっている。おそらくそう言っていいだろう。 アウトライン・プロセッシングLIFE: アウトライナーで書く「生活」と「人生」 posted with amazlet at 18.06.30 (2018-06-…

付け焼き刃

一見切れそうに見えるが、実際は切れない刀を意味する表現。切れ味の悪い刀に、鋼の焼き刀をつけたことに由来する。転じて、その場しのぎのために、一時的に知識などを覚えることを意味する語として用いられる。 付け焼き刃とは &#8…

情報の真偽を見極める力とその口伝

朽木誠一郎さんの『健康を食い物にするメディアたち』では、メディアに働く経済合理性を逆転させるために、つまり「売れるから正しくないものを作る」で「正しくないと作って売れない」な状況を作るために、私たち一人ひとりが&#822…

ここにタイトルを入力

そろそろ毎日更新はやめようかな〜、なんて考えていたんですが、思うところあって継続することにします。 地味なブログ。「成功」は特に目指さないブログ。ほどほどのブログ。 そういうブログが、沈下しないようにするのも、地味なりの…