物書きと道具箱

3種のソースが楽しめる「Evernote Web Clipper」の機能

Firefoxのアドオン「Evernote Web Clipper」には、「Web を検索した際、Evernote アカウントからの結果を表示」させる機能があります。

というか、ずいぶん前からありました。

screenshot

が、この機能、当初は「あなたのアカウントから○○個のノートが見つかりました」とEvernoteの検索結果を表示していたように思います。つまり、WebとEvernoteの両方の検索を実現する機能です。

しかし、いつの頃からか、検索結果ではなく「関連するノート」を表示してくれるようになっています。

で、個人的にはこの方がありがたいですし、いろいろ面白いことが起こるのではないかと感じています。

Webソース+ナレッジグラフ+関連するノート


次の画像をご覧ください。”アインシュタイン”で検索した時の画面です。

screenshot

左サイドは通常の検索結果、右上に私のEvernoteからの関連ノート、その下にGoogleのナレッジグラフが表示されています。

画面自体は見慣れた検索結果なので特に違和感を覚えませんが、よくよく考えれば、この3つの要素が一つの画面に並んでいるというのは、すごいことなのではないか、という気がします。

何がどうすごいのかは、ここでは言及しませんが、少なくとも、こうした「ビュー」はこれまでどこにも存在しなかったことだけは確かです。いや、ほんとに。

関連するノートについて


関連するノートの面白さ、それが持ちうる可能性については、以下のエントリーを参照ください。

Evernoteの共有ノート、あるいはナレッジマネジメントについて

Evernoteの「関連するノート」が最近面白い

「関連するノート」は、人間のひらめきと同じように、役に立つものとそうでないものがあります。

役に立たないものは、本当に何の役にも立ちませんし、役に立つものは映画『トータルリコール』の火星シーンの目玉が飛び出るぐらい役に立ちます。で、それは他では手に入らない「役立ち」具合なのです。

たとえば


この記事を書くにあたって、上の過去記事リンクを探すために、Googleで「evernote ナレッジマネジメント r-style」と検索しました。

その結果が、以下です。

screenshot

もちろん、見つけたい記事は検索上位に発見できました。さすが安心のGoogle先生です。

が、「関連するノート」にも目が引かれます。

二番目に表示されている、「ナレッジマネジメントについて」というタイトルの画像含みノート。どうやら、アナログノートをカメラで撮影したもののようです。ノートを表示させてみると、過去読んだ本の内容をまとめたノートであることがわかりました。

自分が書いて、そして書いたことすらすっかり忘れていたノート。存在を想起するトリガーが失われてしまった記憶。それが、Googleの検索結果にプラスアルファとして付随されてきたのです。なんということでしょう!(ビフォーアフター風に)。

さいごに


もちろん、こうした環境を実現するためには、せっせとEvernoteに情報をため込んでいかなくてはなりません。世界中の人間が毎日毎日、毎秒毎秒、Webに情報をアップしているように。

▼こんな一冊も:

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 39611

Amazonで詳しく見る by G-Tools

▼新刊発売中:

ソーシャル時代のハイブリッド読書術
ソーシャル時代のハイブリッド読書術 倉下 忠憲

シーアンドアール研究所 2013-03-26
売り上げランキング : 25555

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2件のコメント

  1. 関連するノートが全く関連してないので、私は以前の検索結果に戻して欲しいです。

コメントを残す