7-本の紹介

何度も読んできた本たち #8Books

前回の記事で、「何度も読める本は自分にとって良い本だ」と書きました。

それは汎化できる「良書」ではないかもしれませんが、鏡を覗けば瞳にその本の影を見て取ることができます。あるいは自分の骨に染みこんでいるかもしれません。

今回は、私にとっての「そういう本」をツラツラと紹介してみましょう。

8Books

初秋 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)
初秋 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ) ロバート・B. パーカー 菊池 光

早川書房 1988-04
売り上げランキング : 23828

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スペンサー、というマッチョで読書家の探偵が活躍するシリーズ。

私の中にマチズモの匂いを感じることができるのならば、おそらくこの本が発生源でしょう。

村上朝日堂 (新潮文庫)
村上朝日堂 (新潮文庫) 村上 春樹 安西 水丸

新潮社 1987-02-27
売り上げランキング : 70599

Amazonで詳しく見る by G-Tools

村上春樹さんのエッセイ集(なのかな?)。

ばかばかしいといえばばかばかしいんですが、ずるずる読んでしまいます。私がエッセイを書くときに、無意識で使う文体の引き出しには、たぶん本シリーズの文章がたんまり詰め込まれています。

夜のくもざる―村上朝日堂短篇小説 (新潮文庫)
夜のくもざる―村上朝日堂短篇小説 (新潮文庫) 村上 春樹 安西 水丸

新潮社 1998-03-02
売り上げランキング : 41983

Amazonで詳しく見る by G-Tools

村上春樹さんのショートショート。

地平線のどこまで行ってもシュールな世界が広がっています。私がショートショート書くのを好きなのは、本書の影響かもしれません。

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)
もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫) 村上 春樹

新潮社 2002-10-30
売り上げランキング : 5780

Amazonで詳しく見る by G-Tools

村上春樹さんの旅行記。てか、春樹さんばっかりじゃん、というツッコミはスルーします。

もう、タイトルだけで頭をガツンとやられますね。ちびちび舐めるように読む一冊です。

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)
走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫) 村上 春樹

文藝春秋 2010-06-10
売り上げランキング : 3726

Amazonで詳しく見る by G-Tools

春樹さんのランニングエッセイ・・・というのとはちょっと違いますね。

文章を書くこと、文章を書き続けることについて間違いなく影響を受けております。

小説作法
小説作法 スティーヴン・キング Stephen King

アーティストハウス 2001-10-26
売り上げランキング : 110917

Amazonで詳しく見る by G-Tools

何を隠そうスティーブン・キングが好きです。やきもきしながら「ダークタワー」シリーズを買い集めていました。

そのキングが語る「文章(小説)を書くことについて」の本。

仕事は楽しいかね?
仕事は楽しいかね? デイル ドーテン Dale Dauten

きこ書房 2001-12
売り上げランキング : 258

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ビジネス書。自己啓発書。

そうカテゴライズすれば、ありきたりな一冊ですが、初めて読んだとき(20代の頭ぐらいだったかな)に受けた衝撃は今でも思い出せそうです。なにしろ、2時間ほどぶっ通しで立ち読みして読み切りましたからね。その後__給料が出てから__すぐに買い直し、そこからずっと私の本棚に並んでいます。

知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書) 梅棹 忠夫

岩波書店 1969-07-21
売り上げランキング : 5535

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「知的生産」の嚆矢な一冊。

最初読んだとき、「なんで、この本に今まで出会っていなかったのか」と軽い怒りみたいなものすら込み上げてきました。

本当に何回も読んでいます。

さいごに

というわけで、何冊か本を紹介しました。

まったくもって高尚さにかけるセレクションでしたが、まあ自分にとっての「良書」なんてそんなものです。紹介したい漫画なんかも結構あるのですが、今回はスルーしておきましょう。

さてさて、皆さんはどんな本を何度も読んでいらっしゃるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です