0-知的生産の技術

本による精神の調律

紙の本を買いなよ。電子書籍は味気ない。

槙島聖護(まきしま・しょうご)はそう言ったあと、古き詩を歌い上げるようにこう続けた。

本はね、ただ文字を読むんじゃない。自分の感覚を調整するためのツールでもある。

調律?

調子の悪いときに、本の内容が頭に入ってこないことがある。そういうときは、何が読書の邪魔をしているか考える。調子が悪いときでも、スラスラと内容が入ってくる本もある。なぜ、そうなのか考える。精神的な調律、チューニングみたいなものかな。

調律する際大事なのは、紙に指で触れている感覚や、本をぺらぺらめくったとき、瞬間的に脳の神経を刺激するものだ。

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.6 (初回生産限定版)【DVD】
PSYCHO-PASS サイコパス VOL.6 (初回生産限定版)【DVD】
東宝 2013-05-24
売り上げランキング : 3503

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

読書という行為は、受動的ではない。

本は私たちに何かを強いる。

だからこそ、そこから何かを計ることができる。

脳を動かす行為

本の中の世界にうまく入り込めないとき、何かがそれを阻害している。

それは、自分の心の中にある心配事かもしれない。そういう時は、一旦本を置き、自分の思いと向き合ったほうがよい。あるいは、紙にひたすら思いの丈をはき出してもよい。布団を被るのだってありだ。

たぶん、テレビだと、こういう風にはいかない。ただただぼーっと過ごすことが可能だ。

読書が、脳の機能を起動要求するが故に、脳の機能がうまく働いているのかを知ることができる。

あるいは、調子が悪い自覚があるときでも、気がつけばどっぷりとその世界に引き込まれるような本もある。きっと、その本には何かがあるのだ。その何かは、普段は心の奥の方にあって、自分では気がつくことがない。背中にあるできもののように。

 

本という物体は、流動的ではない。

記された事柄は、そこに固定される。

だからこそ、変化する私たちについて知ることができる。

固定されたものが持つ力

本に書かれた内容は、変化することがない。

しかし、私たちはいつでも流動的に変化する。短時間では感情的に、長時間では経験的に変化する。私は、私という位置を固定することができない。

北極星は、常に北を示すからこそ指標になり得る。書かれた内容が固定される紙の本はまさに北極星だ。あるいは音叉と言っても良い。

固定された内容と、それを読み取る私。その変化から、私は私を知ることができる。

さいごに

電子書籍は、アップデートされる。それはとても便利なことだし、素晴らしいことだ。でも、私たちはそのことの意味を、もう一度考えてみた方がよいかもしれない。

本という存在は、決して均一ではない。

紙の本向きのものと、そうでないもの。そういう線引きがどこかには必要なのだろう。きっと。

▼こんな一冊も:

ソーシャル時代のハイブリッド読書術
ソーシャル時代のハイブリッド読書術 倉下 忠憲

シーアンドアール研究所 2013-03-26
売り上げランキング : 267518

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)
ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF) ウィリアム・ギブスン

早川書房 1986-07
売り上げランキング : 12446

Amazonで詳しく見る by G-Tools

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) フィリップ・K・ディック カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン)

早川書房 1977-03-01
売り上げランキング : 1087

Amazonで詳しく見る by G-Tools

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) ジョージ・オーウェル 高橋和久

早川書房 2009-07-18
売り上げランキング : 1063

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です