4-僕らの生存戦略

天の邪鬼な気持ちが作るもの

どちらかと言わずとも、天の邪鬼な性格をしています。

別段、ツンデレではありませんが、流行りに対しては、興味が無いどころか、あえて反発したくなる気分が出てくるのです。

「こうすれば、ブログのアクセス数が伸びますよ!」

と誰かが親切にも教えてくれたら、そういうのは使わないぞ、と思ってしまうわけです。

挙げ句の果てに、負けず嫌いのスキルが融合して、「そういうのを使わなくてもアクセス数伸ばしてやろうじゃないか」なんて、意味のないこだわりが出てきます。効率性という点では、明らかに損です。

しかし。

私の中では、アドバイス通りにイチから始めてしまうのは、攻略本を開きながらゲームをプレイするのと同じです。つまり、面白くないのです。

どれだけ遠回りしようとも、どれだけ宝箱を見落とそうとも、どれだけ効率の悪い経験値稼ぎをしようとも、自分なりにプレイするのが一番楽しいのです。もちろん、これは私からすれば、ということですが。

どうやったら近道できるか、どうやったら宝箱を回収できるか、どうやったらうまく経験値稼ぎできるか。それを、自分で試行錯誤する過程そのものがゲームの楽しさです。もちろん、その楽しさは一部でしかありません。ボスを倒してクリアするのだって楽しさです。でも、同じプレイするならば楽しみの量は最大化したいところです。

というわけで、当ブログは流行りのブログとは全然違う方向に、つまりガラパゴスに日々進化していってます。

そうです。進化しているのです。

いくら天の邪鬼だからと言って、「どういう記事が読みやすいのか」「どうすれば面白く読んでもらえるか」を放棄しているわけではありません。むしろ、よくある方法が使えないからこそ、手持ちの要素だけでいかにそれを実現するのかを徹底的に考えています。

もちろん、私が進んでいる道はメジャーには繋がっていません。

でも、現代という社会、あるいはブログというメディアは、メジャーじゃなくても存在可能性が十分にある、というのが特性です。販売部数が落ち込めば潰れる雑誌とは違います。だったら、その特性をスコールのように存分に浴びたいと思う所存です。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です