時事ニュース

日本版ホワイトカラー・エグゼンプションはスルー

労働時間規制除外制は導入見送り、選挙控え政府与党方針

政府・与党は9日、一定条件を満たす会社員を労働時間規制から外す「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入を当面見送る方針を固めた。野党が「残業代ゼロ制度」などと批判しており、4月の統一地方選、7月の参院選を控え、政策の是非を冷静に議論する環境にないと判断した。

なんだかんだで今回は見送りということになったみたいです。
まあ、いろいろ準備不足な感はありましたが。
大体これによって影響を受ける労働者を何%くらいにしたかったのでしょうか。その辺もすごく曖昧です。メディアはあたかも全労働者に影響が、というような煽りもありました。
おそらく本来意図したところはその辺では無かったと思うのですが。

まあ、以前にも書きましたが、もともとも残業代なんて発生しない仕事なので今のところ私には関係ありませんが、というかそういう人が徐々に増えてきているのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です