物書き生活と道具箱

物書きの仕事道具 sec.2 〜PC・ガジェット類〜

※これまでの連載
物書きの仕事道具 sec.1 〜フレーム編〜

20130729092530

今回は、最初のブロックである「PC・ガジェット類」を紹介してみましょう。

PC・ガジェット類

物書き仕事で使っている「PC・ガジェット類」は、以下のようなものです。

20130730101056

それぞれ見ていきましょう。

MacBookAir 13

原稿を書くためのマシン。

さすがに原稿用紙では無理があるので、パソコンは必須です。ブログやメルマガはウェブ主体ですし、本の原稿のやりとりも電子メールがベースです。原稿用紙では、媒体的な限界があるわけです。あと、結構な文字数を書いていますので、手書きだと確実に腱鞘炎になるでしょう。パソコンさまさまです。

では、なぜWinではなくMacなのか。そこには水たまりよりも深く、砂場の山よりも高い理由があるわけですが、簡単に書くと

  • フォントが綺麗
  • Evernoteが使いやすい
  • WinPC選ぶの面倒

あたりが理由になります。特に二つ目はクリティカルな理由と言えるでしょう。

MacBookProではなく、MacBookAirなのは、いつもパソコンを持ち歩くからです。一日の半分ぐらいは外で作業しているので、軽さは非常に重要です。

MacBookAirの11か13か問題は、未だ決着が付いておりません。個人的には11の方が「愛着」が持てるのですが、コード書いたりするときは、画面広い方がいいので、なんとも決めきれないところ。

ちなみに、Air買うときは、いつも最低限のスペックを選択しております。これで全然問題ありません。

iPad2

未だに二代目のiPadを使っております。でも、不足感は特にありません。

iPadは動画ビュアーとして実にGoodStuffなツールですが、物書き仕事でもきちんと活躍してくれます。

  • ゲラ原稿(PDF)の確認
  • ちょっとした原稿書き
  • 手書きノートの代わり
  • マインドマップ系アプリによるブレスト

特に一つ目は、ザ・iPadの本領発揮、という感じがあります。

iPhone4S

写真には写っていませんが、iPhoneも仕事道具の一つです。なんといっても、あの写真を撮ったのがiPhoneなのですから。

基本的には「テキストメモ」ツールが、物書き仕事においてのiPhoneの役割です。加えて、「辞書」アプリもよく使います。

他にもいくつかありますが、そのあたりは「アプリ編」にて。

LUMIX

細かいスペックなどの情報は一切わかりませんが、とりあえず一眼レフのカメラです。

基本的に「書籍で使うための写真を撮影する」ためにしか使いません。日常の写真はiPhoneで無問題です。

ちなみに、唯一ここのヘッダー画像だけは、このカメラで撮影しました。

iPod Classic

ひたすらアップル製品ですが、気にしないでおきましょう。

「No Music, No Writing」

とヘミングウェイが言ったかどうかは知りませんが、私が原稿を書くときはだいたい音楽を聴いています。家ではスピーカーから、外ではイヤフォンから、何かしらの音楽が流れているわけです。

iPhoneさんのバッテリーが心配なのと、そもそもライブラリ全体がiPhoneには入りきらないので、iPod Classicは常なる私の味方です。

さいごに

こうしてみると、電子ガジェットの数はそんなに多くはないですね。「少ない」とまで言えるのかどうかはわかりませんが、これだけあれば作業を滞りなく進めていけます。

さて、皆さんの仕事道具の「PC・ガジェット類」はどのようなものがあるでしょうか。もっと少ない or もっと多いでしょうか。あるいは、全然違うツールが入り込んでくるのでしょうか。

そんな違う世界も覗いてみたいところです。

OZPA89_danborunosekaikarasotowonagameru500
PAKUTASO × OZPAの表4モデルリリース第2弾!「ダンボールを開封する写真素材」をリリースしました

▼こんなガジェットも:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です