物書き生活と道具箱

物書きの仕事道具 sec.3 〜ノート・文房具類〜

※これまでの連載
物書きの仕事道具 sec.1 〜フレーム編〜
物書きの仕事道具 sec.2 〜PC・ガジェット類編〜

20130729092530

今回は、セカンドブロックに位置する「ノート・文房具類」に入ってみます。

ノート・文房具類

物書き仕事で使っている「ノート・文房具類」は、だいたい以下の通り。

20130731091024

うん。ちょっと多いですね。
※これでも控えました。

一つ一つ紹介していくと、紙面と私の作業時間が大いに圧迫されるので、大きなカテゴリで括ってみましょう。

書き出すもの

ノートやメモ類です。

これらは、

  • リーガルパッドは、「デイリータスクリスト」
  • IDEA PAPERは、「一人ブレスト」
  • NuBoard Clearは、「アイデアのラフスケッチ」
  • ルーズリーフ+バインダーは、「作業記憶の拡張」
  • ミニノートは、「アイデアのメモ書き」

に使います。

下三つの違いについては、今回は割愛して、別エントリーに譲りましょう。

書き留めるもの

手帳やノート類です。

  • ほぼ日手帳は、「日記・ライフログ」
  • モレスキンは、「企画ストック・インスピノート」

に使います。

一年も半分以上すぎた段階で、痛烈に感じていますが、「Hobonichi Planner」は私の使い方では狭すぎました。これについてはまた書きます。

企画ストックやインスピノートは、作業を進捗させるものではなく、そもそもの企画案を生み出すときに使うツールです。

これら二つは、上のノート群と違い「ストックする」ことを求めて使っています。

ようは「書き出す(書き捨てる)」ためのツールと、「書き留める(書き貯める)」ためのツールの二種類があるということですね。

もちろん「書き出す」ツールで作成したものも、スキャンなり写真なりでEvernoteでは取り込んでいますが、そもそもの目的が違う点だけは押さえておいてください。

書くもの

ペンです。

基本的には

「ジェットストリーム」
「フリクションボール」
「0.9mmシャーペン」

が日常に使うペン。

そこに

「フリクションカラー」
「Preppy」

などが加わります。

一年前まではフリクションなんて見向きもしなかったのに、今ではすっかりユーザーです。

※以下のエントリーも参考にどうぞ。
『ネオクリッツ』で持ち歩いている文具たち
持つペンと思考の速度

貼るもの・その他

付箋系。

というか付箋です。

一般的なテトリス棒スタイルの付箋から、全面粘着の正方形付箋まで、いろいろ持っています。「アイデア出しにはこれ!」という定番スタイルはいまだ見つかっていませんが、付箋が欠かせないことは間違いありません。

加えて、情報カードも一応ここに入れておきましょう。

好みのサイズは5×3で、LIFEのものをよく使っています。名刺サイズもなかなか悪くありません。

この二つは「これに使う!」と限定できるものではなく、さまざまな用途が考えられるのが特徴であり、それが分類を難しくしている原因でもあります。

さいごに

書く前から、おぼろげに想像していましたが、いちエントリーなんかではまったく収まりません。というわけで、とりあえずざっくりとした紹介だけにとどめておきました。

『ハイブリッド発想術』では、ハイブリッドになってしまったので(当たり前)、がつんとアナログツールについてもまとめてみたいですね。「いまさら情報カード?」とか思う人もいるかもしれませんが、これがまた便利なんですよ。

▼こんな一冊も:

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 91913

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です