Evernoteの使い方

乗り換えたらぜひ使ってほしいMac版Evernoteクライアントの3つの機能

めっきりMacユーザーになって、Windowsマシンを触るのはネットカフェだけになりました。

なので以下の記事を読むまで、「Win版のクライアントにまだ付いていない機能がある」という事実をすっかり忘却していました。

Evernote5.0β版のファーストインプレッション(このまま一生β版)

もちろん、時間が経てばどちらのクライアントも同等の機能を有することになるでしょうが、今のところMac版に優位性があることは否定できません。

というわけで、最近Mac版のEvernoteを使い始めた人にお勧めしたい機能を3つ紹介します。

カードビュー

情報カード好きでなくても、自分の情報がカード形式でずらっと並んだ風景は、心躍るものがあるでしょう。

screenshot.4

テキストしか保存していない場合はともかく、テキストと画像を合わせて保存している__webクリップなど__場合は、カードビューがオススメです。

視認性が高まることで情報を探しやすくなりますし、またライフログ系のノートなどはスルスル眺めていても楽しめます。

screenshot.3

ショートカット

左サイドバー上部に表示される「ショートカット」。こいつは是非使いましょう。

screenshot.2

「ノートブック」「タグ」「ノート」「保存された検索」を、配置することができます。アクセス頻度の高いものを置いておけば、業務効率アップ間違いなし!(通販番組風)。

通常のノートブックリストと違い、任意の順番で並べられるのもポイントです。よりアクセスするものを上に配置する、というごく普通の使い方ができます。

あと、このショートカットはキーボードからでもアクセス可能です。command + 1 ならば一番上に配置されている要素が、command + 2 ならば二つ目の要素が……といった感じで表示できます。

複数のノートブックを行ったり来たりするのに大変重宝しますので、ぜひ頭のノートの書き込んでおいてください。

あとは、この辺りの記事も参考に。

Evernoteのショートカットに業務日誌を重ねる
Evernoteのショートカットメニューを自作してみる

リマインダー

一番最近追加された機能で、最近一番気になっている機能がこの「リマインダー」です。

screenshot.1

Evernoteのノートに「期日」を設定し、それを通知してくれる機能です。まさにリマインダーですね。

この通知もなかなか便利なのですが、このリマインダーが「ノートブック内で上部に固定表示される」という機能にも注目です。これはアイデア次第で、さまざまな使い方が誘発されるだろうことは想像に難くありません。

リマインダーについては過去に熱く語っているので、以下から適当にご覧下さい。

Evernoteのリマインダー機能、3つの使い方(シゴタノ!)
どんなEvernoteのノートを「リマインド」すると面白いか
これはいいものだ・・・ Evernote for Macにリマインダー機能が追加
Evernoteのリマインダーが生み出す、新しいビュー

さいごに

今回はMac版クライアントのお気に入りの機能を紹介してみました。これらの機能でEvernoteがぐっと便利になったり、びびっと面白い使い方ができるようになる・・・といいですね。

ちなみに、あまり話題に挙がらない機能ですが、Win&Mac版ともに実装されている「ノートリンク」も大変便利な機能です。これも使ってあげてください。

▼その他参考リンク:
Evernote 5 for Windows Desktop (Beta) の新機能

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」仕事術
EVERNOTE「超」仕事術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2010-08-18
売り上げランキング : 135501

Amazonで詳しく見る by G-Tools

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 43884

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 19255

Amazonで詳しく見る by G-Tools

▼なかのひとのひとこと:
そろそろEvernoteの使い方について、もう一度まとめ直す必要があるかもしれませんね。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です