物書き生活と道具箱

Evernoteをアウトプットツールへと変身させる「Postach.io」

Postach.io」というサービスがあります。

以下の記事でも紹介したとおり、「Evernote Devcup 2013」の出版部門のカテゴリー賞を受賞していました。

「Devcup 2013」のカテゴリー賞受賞作品をチェックして、「おぉ」と唸ったのは…

さらりと紹介すると、Evernote内のノートをブログ記事として公開できるサービスです。

Postach.ioを試してみました。(ジャムスタ)

このPostach.ioは「簡易ブログツール」としても使えますが、他にもアイデアがもくもくと膨らんできます。

Webスクラップ+コメント

Postach.ioで、ブログ記事として公開されるトリガーを確認しておきましょう。

  • 「Postach.io」ノートブックの中にある
  • 「published」というタグが付いたノートが
  • ブログ記事として公開される
    ※タグは変更可能です。

さて、ウェブサーフィン中に気になったページをブラウザのWebClipperで保存、というのは日常作業ですね。

その際「自分なりのコメント」を付け加えておくことがよく推奨されます。後から見返したときに、その一言が想起の強いトリガーとして働くのです。

というわけで、気になった記事をコメント付きでクリップ。

screenshot

その際、Postach.ioノートブックに保存し、ついでに「published」のタグも付けておきます。

もう一度確認しておくと、ウェブサーフィン中にコメント付きでEvernoteにクリップしただけですね。

はい、それだけで、もうブログが1記事できあがりました。ギターのEm7のコード並みに楽チンです。

screenshot
※こんな記事が公開されました。

Twitterだと、コメントの文字数に限界がありますが、こちらではいくらでもOKです!

えっ?Tumblrでいいじゃん?

・・・

まあ、そうですね。その部分だけを取り上げればTumblrで十分です。

しかし、

Evernoteにもクリップが残る点
後からEvernoteで修正できる点

が違いと言えるでしょう。特に後者はインパクト大です。

たとえば、先ほどのクリップに付けたコメントをEvernote内で修正・追加してみます。

※Evernoteのノートに手を加える
screenshot

すると、

※記事にも手が加わっている
screenshot

このようにブログ記事も変更されています。私としては、自分のEvernoteのノートを修正しただけです。ブログ記事をいじったような感覚はありません。

また、

※勢いでクリップした。反省はしていない。
screenshot

こうやって、とりあえずクリップしただけの記事も、あとで手を加えれば、

※アイデアノートっぽい感じに
screenshot

何か「それっぽい」感じに修正できます。もちろんEvernote上で。

TwitterやTumblrの場合は、「パブリックなアウトプットを自分のログにも使える」という感じですが、こちらは「自分のログをパブリックに公開できる」という方向性。これは似ているようで微妙に違いがあります。

ごく簡単に言えば、かなり気楽に使えるのです。

頭の中を公開する

もう一度、公開されるトリガーを確認します。

  • Postach.ioノートブックの中にある
  • 「published」というタグが付いたノートが
  • ブログ記事として公開される

さて、ここからは妄想です。

もし、自分のアイデアをバンバン放り込む先をPostach.ioノートブックにすればどうなるでしょうか。それら全てのノートに「published」を付けたりしたらどうでしょうか。

これまで「ブログ記事」として完成させていたアイデアの、もっと以前の状態__アイデアの種や卵__が公開されることになります。

もちろん、そんなブログに「ブログ的価値」はまったくないでしょう。ただし、アイデアの触媒としての価値はあるかもしれません。なにせ、「他人の頭の中」を覗けてしまうわけですから。普段は公開されない「アウトプット前夜」の状態が。

一度だけ、私がやっているメルマガ読者さん限定で、私の「アイデアノートブック」を公開したことがあります。その際は、いろいろ面白い感想をいただけました。

だいたいにおいて、私の脳内あるものですから、他の人がその断片的なメモを見て、直接アイデアをパクるということは難しいでしょう。しかし、「なるほど、そういう見方もあるのか」と、一つの刺激となり、新しいアイデアが生み出される可能性は十分にあります。

もちろん、そうしたアイデアの卵は、時間と共に育てていくことができます。

一つのブログの記事を「育てている」人は少ない__リライトよりは新規記事としてアップする方を選択しますよね__でしょうが、これはあくまでEvernoteの中のノートです。

おりをみて見返し、着想があれば追記する。

そのようなアイデアの育成の過程を、ブログとして公開できるというわけです。

先ほども言いましたが、そういうブログは「ブログ」としての価値はありません。単に、「他人の頭の中を覗いて、自分の着想に活かす」という使い方ができる__かもしれない__だけです。

さいごに

ざっと考えてみると、「時間が経った後に読み返すと、すくすくと成長したアイデアの姿を見られるかもしれない」というのは、これまでに無かったメディアの在り方かもしれませんね。

まあ、それをメディアと呼ぶことができれば、ですが。

暫定的ですが、しばらく実験的に

R-in

のブログにいろいろ追加してみようと思います。

といっても、Evernoteでごちゃごちゃやるだけですが。

▼こんな一冊も:

tumblrハンドブック
tumblrハンドブック 田中 信太朗

秀和システム 2012-03
売り上げランキング : 423366

Amazonで詳しく見る by G-Tools

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 103440

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2件のコメント

  1. ピンバック: R-style » Let’s Postach!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です