物書き生活と道具箱

思考の仮止めとしてのバインダーノート あるいはルーズリーフの復興

最近ちょこちょこ、ルーズリーフを使っています。

特に説明は不要かと思いますが、バインダー式ノート&リフィルですね。

20130814111244

これはA5サイズです。

「このデジタル時代に、ルーズリーフなんて役に立つの?」

なんて疑問もあろうかと思いますが、私は結構楽しく使っています。

中身を公開

まずは、表紙を開いたところ。

20130814111302

左側には「新規ノートページ」が、右側には「プロジェクトスクエア」(自作)が目に入ります。

「新規ノートページ」を担当しているのが、ルーズリーフパッド。

20130814111352

これを表紙の裏側に差し込んであります。バインダーにありがちな「新規ページまでたどり着くのに時間が掛かる」問題を一気に解決してくれる良ツールです。ぱっと開けば、ババッと書きこめます。

右側の「プロジェクトスクエア」は、3x3のマスを作り、プロジェクト名を付箋に書き入れてペタペタと貼りだしたもの。

全体像の把握だけではなく、緊急度の高い要件を確認することもできます。実際「プロジェクト」と呼びうるものはたくさんあるわけですが、私のキャパで実行できるものなど限られています。ここに付箋が貼られたものは「優先すべきこと」、そうでないものは「まあいいか」、という物理的制約によって優先度を表現しているわけです。

20130814111318

またページの左側には、「インデックス」が見えていますね。これも3つしかありません。でも、私のキャパで実行(以下略)。

次にインデックスが付いたページを開いてみましょう。

20130814111417

プロジェクトのデータがラフに綴られています。ご覧の通り「インデックス」は付箋による自作です。また、プロジェクトについて「後でやろう」と思ったことなども、付箋で仮置きしてあります。

これ以降のページには、そのプロジェクトにおける「アイデア出し」か「情報の整理」に使ったページが並んでいきます。こういう作業は、私は手を動かさないとどうにもうまくこなせません。そのためだけのアナログツールです。実際、それらの成果は、デジタルツールに反映されるので、作業を進めるときにこのノートが必要となるわけではありません。あくまで思考の仮住まいです。

現状は3つのプロジェクトインデックスがあり、4つめは「倉庫」となっています。資材置き場ですね。

タイトルページにあるのは横罫の標準的なノートですが、ときどき「それではちょっと」という場合もあります。たとえば、方眼を使いたいとき、

20130814111432

プロジェクトのインデックスページを作りたいとき、

20130814111440

発想をまとめたいとき、

20130814111451

マンダラートしたいとき

20130814111501

そういう時には、この倉庫からリフィルを取り出して使います。このリフィルのカスタマイズこそルーズリーフの真骨頂、と言っては過言があるかもしれませんが、なかなか便利です。

そうしたノートページを通り過ぎると、ファイルページが登場します。

20130814111522

使用済みのリフィルや、その他のメモなどをここに差し込んでおけます。

裏側には、何かしら使い道があるかもしれない、情報カードが数枚刺さっています。一応無印のしおり紐も貼り付けてありますが、活用される場面はあまりありません。

20130814111537

基本的にはA5サイズなので、「少々手狭い感」は否めません。しかし、一工夫すれば大きい用紙も扱えます。

20130814111635

こちらはA5リーフを4枚貼り合わせたもの。

あるいは、以下のような元から拡張が想定されているリフィルもあります。これらを使えば、手狭感はぐっと解消できるでしょう。

さいごに

ルーズリーフバインダーの魅力は、当然カスタマイズにあるわけですが、その魅力を支えているのは

規格が統一され、さまざまなメーカーの商品を一つのバインダーで扱えること

に尽きます。

独自規格を作り、市場を「閉じて」しまえば、その市場でのシェアは間違いなくトップです。しかし、市場そのものが広がらなければトップであっても、あまり意味はありません。という話は、ずっと前にドラッカーがしていますね。

というわけで、たくさんの選択肢を提供してくれている日本の文具メーカーに感謝しながら、いろいろな使い方を考えているところです。

ちなみに、このバインダーに閉じてあるものは「思考の仮止め」のようなもので、モレスキンなどに書き付ける「記憶への刻印」とはまったく別物です。なので、使用済みのものはスキャンなり撮影などして、ちゃっちゃとゴミ箱に送ります。

そういう意味で、新規流入と排泄を繰り返していく<たゆたうノート>と言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です