時事ニュース

今日はバレンタインですね。

今日は2月14日である。
で、どしゃぶりであった。

なんというか悲惨で在るともいえるし、あるいはそこからドラマが生まれてくる可能性もある。
「雨のバレンタイン」
なかなか楽しそうな響きである。ちょっとした恋愛短編でも掛けそうな雰囲気すら感じる。
ちなみに
「血のバレンタイン」
とは一切関係ないことはお断りするまでも無いだろう。

ちなみに、wikiによるとバレンタインとは

バレンタインデー(St. Valentine’s Day)は、2月14日に祝われ、世界各地で男女の愛の誓いの日とされる。もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ヴァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日である。

ということらしい。もちろん今の若い人たちはそういう経緯は一切知らなくてもチョコレートの贈呈を行なっていることだろう。無論背後にお菓子メーカーの影も見えてくる。

現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されると言われるほどの国民的行事となっている。当初は女性が男性にチョコレートを贈ると同時に愛の告白をする日とされていたが、現在では既に交際中の恋人や、結婚している夫妻の間でも行われるようになり、上司や同僚、ただの友人などの恋愛感情を伴わない相手にもチョコレートを贈る「義理チョコ」という習慣や女性が女性へチョコレートを贈る「友チョコ」という習慣も生まれている。

年間消費量の4分の1というのはかなりすごい数字ではないだろうか。それとももともと日本人は一般的にチョコレートを食べないのだろうか。そんなことはあるまい。
今では、女性が男性への愛の告白というよりは、お歳暮などのように日ごろの感謝の気持ちを送るというプレゼント的な側面が大きくなってくる。
日本人に限ったことでは無いだろうが、やはりこういうプレゼントを贈る習慣というのはいったん根付くと広がっていくものである。

贈り物というものは、当然もらった人もうれしいし、喜んでもらえれば送った人間もうれしい。お菓子メーカーもうれしいし、小売店もうれしい。なんか一石四鳥くらいの勢いである。もちろん、誰からももらえない人、という存在はその世界では無視されていることは暗黙の了解である。

って書いてみたが、よくよく考えると二十台も後半戦に入っている私もまともにチョコレートなんてもらったこと無いというあまりにも悲惨な事実に気が付いた。今の連れ合いからもチョコレートはもらったこと無いもんな・・・。まあ普段からポリポリ食べてますからいいんですけどね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です