4-僕らの生存戦略

習熟が生む迷いと、たった一つの冴えたやり方

もし、たった一つのことしかできないのであれば、話はシンプルです。

考えるのは、やるかやらないかだけ。一度やる決断をすれば、あとは愚直に邁進するのみです。実行中に悩む要素はありません。

しかし、行動の中の選択肢が増えてくると、話にややこしさが混じり込んできます。

「このやり方でよいのだろうか」「他のやり方はどうだろうか」「あんなやり方ができたらいいのに」

想像が膨らむとともに、手の振りが鈍くなり、やがて足が止まります。

何かを覚えたての時は、とてもスムーズにできていたのに、少し習熟してくると、途端に迷いが入るようになる。自分の中の選択肢が増えたことで、判断しなければならない対象が増えたのです。しかし、脳はその負荷にまだ対応できていません。だから、なかなかうまくいかない。よく見られる風景です。

おそらくその迷いは避けられないのでしょう。避けようとすれば、トラップに嵌り込みかねません。なんといっても、人間は不完全な存在です。完全な人間であろうとしてしまえば、人間ならざるものに成り果てるか、あるいは詐欺に引っかかるかのどちらかが待っています。人は迷いと共に生きていく生物なのです。

しかし。

最初のうちに、こうした迷いが出てくるのはあまりよろしい状況とは言えません。守破離という言葉が示しているものも、これなのでしょう。ともかく、最初のうちは「たった一つのこと」に集中する。それが何かを実行するためのたった一つの冴えたやり方です。

ある程度の自己裁量は、確かに柔軟性を増します。カスタマイズにもそれは必要です。

しかし。

最初のうちは、「だまされたと思って、その通りにやってみる」、というのが良いかと思います。結局やってみて、何も効果が無かったとしても、「それには効果が無い」という確信が得られます。微妙な自己裁量によって得た結果は、結局の所、中途半端な懐疑しか残しません。

その懐疑は、無益であるばかりでなく、ほとんど有害といってもよい存在です。自分の中にある「信じる」という心の働きを蝕んでいくのです。最終的には、自分自身すら信じられなくなってしまう。そんなことも起こりうるでしょう。たとえそれがなんであれ、正しいことと間違っていることが、はっきり線引きできていることは、とても大切です。少なくとも、心の働きにとって、とても大切です。

しかし。

「だまされたと思って、その通りにやってみる」というのは、最初のうちだけの話です。それをずっと続けていくのもあまりよろしい状況とは言えません。

それについては、また回を改めて。

▼こんな一冊も:

たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)
たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF) ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア 浅倉 久志

早川書房 1987-10
売り上げランキング : 17929

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です