0-知的生産の技術

「こざね」が突きつけてきたもの

『梅棹忠夫の「人類の未来」 暗黒のかなたの光明 』という本をパラパラと見ていたら、巻頭カラーに梅棹氏の「こざね」が掲載されていた。

梅棹忠夫の「人類の未来」 暗黒のかなたの光明
梅棹忠夫の「人類の未来」  暗黒のかなたの光明 梅棹忠夫 小長谷有紀

勉誠出版 2011-12-16
売り上げランキング : 242632

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『人類の未来』という未完の本の構成を練るために使われた「こざね」である。目次案とその「こざね」からうかがえる本の内容は、きっと現代において、いやむしろ「今」必要とされるものだったに違いない。そう確信させるだけの雰囲気がその「こざね」にはあった。

疑問

言うまでもなく、発想の第一歩は疑問である。

「カップラーメンを一番美味しく食べるための熱湯の温度は?」でもいいし、「地球環境にとって人類は有害な存在なのか?」でもいいし、「我々はなぜこの世界に誕生したのか?」でもいい。ともかく何かについて疑問を持ったとき、発想や思索がスタートすることになる。

こざね

「こざね」とは何か?

アウトラインである。あるいはそのとっかかりと言ってもよいだろう。

小さな紙片に、書こうとしているテーマに関することをひたすら書き出していく。一枚にワントピックス。基本的には単語、あるいは短いセンテンス。あるいは、疑問

それらを書き出した後、紙片同士つながりがありそうなものを集めていき、ホッチキスなどでつないでく。そうしてつながったものが「こざね」だ。そして、こうした手法を「こざね法」などと呼んだりする。素材から構成を生み出すための手法なのだ。

知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書) 梅棹 忠夫

岩波書店 1969-07-21
売り上げランキング : 3017

Amazonで詳しく見る by G-Tools

※この本に詳しい。

現代では、アウトライナーに思いつくことをどんどん書き付けていき、そこから構成を練り上げるという手法がこれに近い。が、完全に同じとは言えない。アザラシとアシカのようなものだ。

方向転換

その「こざね」にも、もちろんいくつかの疑問が含まれてきた。

しかし、答えはない。答えは書かれなかったのだ。

本来は、文章化される段階で、その疑問を出発点としてさまざまな論考が進められたのであろう。でも、それは書かれなかったのだ。

答えのない疑問は、視線を私の方に向けてくる。「おまえは、どう考えるんだ」と。

電子書籍

これからどんどん電子書籍が作られていくだろう。きっと、これまで本作りに携わっていなかった人たちの参画も増えてくる。

「本」は多様化し、コンテンツ同士の争いはどんどん激化していく。そんな未来は簡単にイメージできる。

たとえば「おまけ」として、あるいは無料の販促コンテンツとして、その本を作成するために作った「こざね」を公開するというのは面白そうなアイデアである。

それは「こざね」だけに留まらない。集めた資料やメモ、使われなかった原稿など、公開できるものは多い。

もちろん、それ自身に価値はないだろう(だからおまけであったり無料であったりするわけだ)。素材から何を立ち上げたのか、そこにどのような「手」が加わったのか。そこがコンテンツの価値の大部分を占める。キュレーションをイメージすると良い。あれは、情報そのものではなく、情報を取捨選択してくれることに価値があるのだ。

が、それだけでは価値にはなりえない一つの疑問から、別の人間が別のアイデアを立ち上げるかもしれない。そういう広がりは、自分の利益とはほぼ無関係に良いものである。少なくとも私はそう感じる。

さいごに

私たちは、答えを他人からありがたく頂戴する。代わりに考えてくれたのだから、自分としてはショートカットである。

でも、本当はその答えから疑問を抽出し、そこを出発点として自分なりに何かを考え、組み立てて上げていくことも必要なのではないだろうか。

答えが書かれなかった吹きさらしのような疑問を載せた「こざね」は、強制的にそれを求めてくる。

私たちには考える余地が必要だ。

時には、答えがその余地を浸食してしまう。あるいは毎日雑多に押し寄せる情報も同様なのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です