未分類

10月16日 経済・株式ニュース

NYダウ急落、733ドル安 史上2番目の下げ、9000ドル割れ(日本経済新聞) 米JPモルガン7-9月期純利益は84%減、損失高は90億ドルに (IBTimes) 9月の米小売1.2%減、3ヶ月連続マイナス(朝日新聞) 米金融大手、今後も業績悪化の見通し 決算本格化(朝日新聞) 完全に終わった感がでています。インテルの業績発表などすでに遙か後方のお話になっています。銀行は投資銀行だけでなく商業銀行でもヤバイ雰囲気に満ちあふれています。膿を出し切れば何となるといったレベルはとうの昔に過ぎ去っています。構造的に米国がこれから世界の中心を担っていくという図が変化しようとしているなかで次の大統領はどのようなスタンスをとるのでしょうか。ダウは上昇分をほぼ食らいつくすほどの下落。今年中にどうにかなっちゃうのかも知れません。USEN、前期最終赤字 GyaO事業を分社化(ITPLUS) 日経平均、再び9000円割れ 先物取引は一時停止 (日本経済新聞) 4桁のマイナスも見えそうですが、そこまでは行かないかな、という感じ。午後の相場でこのもみ合いを維持できるのかどうか、がこれからの肝だと思います。ちなみにサーキットブレーカーが発動した事例は米国同時多発テロがあった2001年をのぞけばほぼ2008年9月以降に集中して起きています。大きな変化が目前にせまっている、ということなのでしょう。「G8、数週間以内に開催」 BBCの取材に英首相(朝日新聞) 米国はもう無理として、欧州はこの金融危機を乗り切ることができるのでしょうか。未だ規模自体も見えていない中でどれほど頑張れるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です