知識を溜め込む二種のノートブック -2013年版Evernoteの利用方法

2013年におけるEvernoteの利用方法を紹介している企画。

第一回:Evernoteの「001[inbox]」の使い方 -2013年版Evernoteの利用方法
第二回:「短期選抜」ノートブックとのお別れ -2013年版Evernoteの利用方法

今回は「知識」を溜め込んでいく二つのノートブックについて。

screenshot

知識BOX

まずは「知識BOX」から。

screenshot

なにやら大層な名前がついていますが、たんにコード関係の備忘録です。現状は、AppleScriptとPHPがメイン。

自分で作ったコードを保存してあります。ほぼコピペのものもあるので、「作った」というよりは「使った」といった方がよいかもしれません。

screenshot

えっ?Githubを使えばいいじゃん?

まあ、そうですね。一応いくつかはそちらにもアップしています。ただ不十分・不完全なものもあるので、それはEvernoteだけに留めています。

職業的コード書きではないので、ちょっと時間をおくと、まるっとコードを忘れるんですよね。Google先生にお伺いを立てて、一発で発見できるならよいのですが、複数のサイトを参照してちみちみ作り上げたものなんかは、自分で記録しておくにかぎります。

読書メモ

名前の通り、「読書」に関するメモを保存してあるノートブックです。

screenshot

本の内容をまとめたものや、内容を引用して考察を加えたもの、図解画像を作成したもの、なんかがあります。

わかりにくいですが、上の画像の右側に表示されている「コトラーのアイデアノーティング」というノートは、フィリップ・コトラーが共著者である『マーケティング思考法』の一部をまとめたもので、シゴタノ!の原稿の素材になりました。
コトラーのアイデア・ノーティング

また、書評を書く前に本の内容をまとめてA4用紙に書き出したりもしていますが、そうしたものも__スキャンして__このノートブックに放り込んであります。

screenshot

こうしたスキャンしたノートは、以前紹介した「プレゼンモード」を使うと快適に閲覧できますね。
Evernote上で、スキャンしたアナログノートをパラパラと閲覧するように

さいごに

こうしたノートは、アイデアメモのように爆発的には増えてはいきません。

そのかわり、役に立つ度(期待値といってもよいでしょう)はわりと高いです。

もちろん言うまでもありませんが、目的はノート数を増やすことではなく、コードを書くことであったり、本を読んで内容を理解することです。優先順位のつけ方を間違えないように注意したいですね。

では、Happy EvernoteLifeを!

次回:貯めるスクラップ、読むスクラップ -2013年版Evernoteの利用方法
▼こんな一冊も:

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 168785

Amazonで詳しく見る by G-Tools

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 185145

Amazonで詳しく見る by G-Tools

タグ:

1 thought on “知識を溜め込む二種のノートブック -2013年版Evernoteの利用方法”

コメントを残す