0-知的生産の技術

自然数と自然語

数学の言葉に「自然数」ってありますよね。

Wikipediaによると、

自然数(しぜんすう、英: Natural number)とは、個数、もしくは順番(これは正確には有限順序数)を表す一群の数のことである。

と解説されています。イマイチ理解できませんが、

1,2,3,4,5,6,…

ようするにこういうのでしょう。マイナスの符号もなく、小数点もなく、虚数単位iも含まれていない。私たちが直感的に扱える、実感を持って受け入れられる数。そういうものがあるわけです。
※ちゃんとした定義は調べて下さい。

数学全体では、自然数以外の数も扱います。整数であったり、無理数であったり、複素数であったり。そういうものが扱えるからこそ、数学の地平線は大きく広がっているわけです。

類推発動

さて、ここからはあてもない思いつきと類推なんですが、「自然数」を言葉の世界に持ち込むことはできるでしょうか。つまり「自然語」というものは考えうるか、ということです。

もし、そういうものが考えられると想定した場合、その言葉は

「私たちが直感的に扱える、実感を持って受け入れられる言葉」

ということになるでしょう。

具体的で、実体のある対象を指した言葉が、きっとそれです。

おそらくその中には、「自分自身と 1 以外の約数を持たない」ような「素語」もあるはずです。

もちろん「自然語」以外の言葉はいっぱいあるでしょう。実体を持たない言葉、割り切れない言葉、単位の異なる言葉の組み合わせ、…

こういうのを無数に組み合わせて、文章は紡がれていきます。小説なんてその最たるものでしょう。

でも、時と場合によっては「自然語」だけしか使ってはいけないようなこともあるかもしれません。たぶん、そこにはある種の抑制が必要です。

さいごに

結論めいたものは何もありません。

インスピレーションの種だけを投げて終わるエントリーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です