今年定番になっちゃったiPhoneアプリ #2013app

最近ブレストばかりしていて、iPhoneに関する記事をあまり書いていない。

今考えているのは本の企画案で、Evernoteをマニアックに使う話だとか、隠れ家ブロガーへの道のりとか、自分の頭の中身ながら驚きの連続だ。

知的生産ばかりではなく、仕事術やTips集、SFやライトノベルなど、さまざまな作品を書いて、バラバラだった点がいつか繋がればいいと思う。大切なのは自分のやりたいことを信じる事だ。

iPhoneに興味がなくなったわけではない。写真やメモをとったり、ゲームをしたり、タイムラインを覗いたり、質問に答えたりと日常のあらゆる場面で活用している。それがあまりにもフィットしているから、ツールを使っているような感覚がなくなっているのだ。

それはまるで手足である。みなさんも「今日は、うまく手を動かせました」なんてブログ記事は書かないだろう。つまりは、そういうことだ。

今年定番になったアプリを紹介したい。

inspired by
今年定番になったiPhoneアプリ #2013app(#RyoAnnaBlog)
今年定番になったiPhoneアプリ #2013app(KAMPLOG)

パズドラ


パズル&ドラゴンズ
カテゴリ: ゲーム, パズル, ロールプレイング

ゲームだ。こいつはすごい。

なにがすごいって、すごく面白いとは思ってないのに毎日プレイしていることだ。ついつい感がハンパない。

先日300日目のログインボーナスをもらって、石ジャブしてゼウスをゲットした。なんかもういいかな感は漂うが、今日も今日とて起動してしまっている。

黒ウィズやらPictiogicaやらディバインズゲートやら三国志乱舞やら、いろいろプレイしたが、結局続けているのはこれだけだ。続けてしまっていると言った方がいいのかもしれないが。

Feedly


Feedly News Reader. Blogs, RSS and Youtube.
カテゴリ: ニュース, エンターテインメント

リーダーだ。こいつは欠かせない。

今年7月1日にGoogleリーダーが召されてから、代用ツールを試しまくり、結局これに落ち着いた。

毎朝、新聞を読むかのようにRSSをチェックしている。UIも心地よい。このブログを購読したい方は、以下のボタンをぽちっとやれば登録される。

follow us in feedly

アイコンが緑じゃなく青だったら完璧だったのだが、詮無い要求である。

Kindle


Kindle
カテゴリ: ブック

電子書籍リーダーだ。こいつは黒船である。

基本的に、私は紙の本を読む人だ。机の隣にも本が山積みだし、どこかに出かけるなら必ず本を携帯していく。それに本を買うのは、リアルの書店だ。

そんな人間でもKindleがジワジワと浸食してきている。なんといってもボーンデジタルの作品は電子書籍でないと読めないのだ。

Kindleの積極的なセールや、自分がKDPで本作りをしていることもあって、日常生活に電子書籍が入り込んできた。悪くない。紙の本と共に存在できるなら、電子書籍もぜんぜん悪くない。

Textforce


テキスト編集 Textforce for Dropbox
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

テキストエディタだ。こいつはシステムのピースになってる。

アプリ自体は以前から使っていた。が、最近テキスト管理をScrivenerに移行していて、それがこのアプリの使用度を急激に上げている。

Dropbox経由のクラウド連携で、外出先でも原稿を確認・修正できるのだ。もちろん、追記することだって可能だ。なんといってもテキストエディタなのだから。これが実に快適なのだ。

Scrivener
カテゴリ: 仕事効率化, 教育

さいごに

というわけで、4つアプリを紹介しました(文体戻った)。

Ask.fmとかIFTTTとかも紹介したいんですが、それはまた機会があればということにしましょう。

どうも、年を重ねるごとに使うアプリが定着化している印象があります。ある種の惰性なのかもしれませんが、使い勝手がよいのだから、それで十分ですね。

2013年、みなさんのアプリ環境はいかがだったでしょうか。

▼関連する記事