Evernoteの使い方

EvernoteとIFTTTのおさらい(1) 〜IFTTTとは何か〜

下の記事で紹介されているEvernoteとIFTTTの連携は、なかなか便利です。

Evernoteとツイッターをつなぐ@myen機能が終了へ。利用している方は移行作業を(Lifehacking.jp)

工夫すれば、自分だけの使い方をアレンジすることもできるでしょう。

今回は復習の意味も込めて、IFTTTとEvernoteの連携を簡単にまとめてみます。

IFTTTってなんぞや?

そもそも、IFTTTって何でしょうか。

簡単に言えば、Webサービスの仲介者です。

20131213110443

Aというサービスで何かが発生したら、Bというサービスで何かしらの行動を行う。

この間に立つのがIFTTTです。具体的な行動という意味では、IFTTTは何もしません。AとBのサービスの間に立って、パイプラインをつなげるだけです。

語句・用語

IFTTTでは、AやBなどのサービスを「Channel」(チャンネル or チャネル)と呼びます。

原稿執筆時点で登録されているチャンネルは76あり、EvernoteやTwitterを筆頭に、Googleの各サービスやiOS系、DropboxやWordpressなど、有名どころのサービスが押さえられています(参照)。ライフハック系の情報をチェックしている人ならば、名前を知らないチャンネルの方が少ないでしょう。

これらのチャンネルには、「Trigger」と「Action」が準備されています。

サービスAで何かが発生する→サービスBで何かしらの行動を行う

前者の「何かが発生する」にあたるのがTriggerであり、後者の「何かしらの行動を行う」がActionです。

一番最初にあげた記事で紹介されていたTwitterとEvernoteの連携で言えば、

ハッシュタグ付きのツイートを流す→その内容でEvernoteにノート作成

「ハッシュタグ付きのツイートを流す」がTriggerで、「その内容でEvernoteにノート作成」がActionです。

それぞれのチャンネルでは、そのサービスに合わせたTriggerやActionが準備されており、それらを組み合わせることによって、さまざまなバリエーションのセットを生み出すことができます。

またIFTTTでは、

Aしたら→Bする

という一連の流れをRecipe(レシピ)と呼び、自分が作成したレシピをWebで公開することもできます。また、人気の高いレシピはIFTTT上でも紹介され、それをそのまま自分のレシピとして取り込むこともできます。

確認しておきましょう。

IFTTT・・・サービスとサービスを仲介するサービス
Channel・・・IFTTTで扱えるサービス
Trigger・・・Channelが持つ「もし〜〜したら」の条件
Action・・・Channelが持つ「〜〜する」の行動
Recip・・・「もしAしたら、Bする」という一連のセット

作成してみる

では、実際にレシピを作成してみます。

まず、IFTTTにアクセスし、上部メニューの「Create」をクリック。

※IFTTTの画面
screenshot

※上部メニューの拡大図
screenshot

すると、次のような画面が出てきます。

screenshot

ifthisthenthat

とありますが、if this then that のことですね。穴埋めのようにこの文章にパーツをはめ込んでいきます。

大まかな流れは、

  1. 「もし〜したら」のチャンネルを選ぶ
  2. そのチャンネルのTriggerを選ぶ
  3. Triggerの細かい内容を決定
  4. 「〜する」のチャンネルを選ぶ
  5. チャンネルのActionを選ぶ
  6. Actionの細かい内容を決定
  7. 最終的な確認および決定

というもの。

細かい部分については次回以降で解説しますので、ざっと画像で流れを確認してください。

※1.「もし〜したら」のチャンネルを選ぶ
screenshot

※2.そのチャンネルのTriggerを選ぶ
screenshot

※3.Triggerの細かい内容を決定
screenshot

※Triggerが決定された
screenshot

※4.「〜する」のチャンネルを選ぶ
screenshot

※5.チャンネルのActionを選ぶ
screenshot

※6.Actionの細かい内容を決定
screenshot

※7.最終的な確認および決定
screenshot

さいごに

IFTTTは、間に立つだけのツールなので、レシピの作成はとても簡単です。

他の人のレシピを取り込むこともできますが、オリジナルのアレンジをするためには、何かしら自分で作成して、その勘所を掴んでおくとよいでしょう。

次回は、TriggerとActionの細かい話に入ります。

EvernoteとIFTTTのおさらい(2) 〜トリガーとアクション〜

コメントを残す