3-叛逆の仕事術

Evernoteに作業記録をつけ、週次レビューの題材にする

大胆な発想です。

「レビュー」は聞こえがいいが面倒くさい(ライフハック心理学)

要するに「記録をとってレビューする」など面倒くさいわけです。そんな面倒なことをするなら「すぐさま」成果をものにしたい。そこで私が編み出したのが「瞬時レビュー」です。何しろ「瞬時」なのだから、これより短くすることはできません。

「週次」とか「年次」というのは、一種のスパンです。どれぐらい間を置くのか、ということですね。で、一週間溜め込むのが面倒なんだったら、もういっそのこと瞬時でやっちゃいましょう、というわけです。

たしかにこれより短くすることはできません。やろうとすれば高性能AIが自動的にレビューしてくれる、みたいな方向性しかないでしょう。そういうのは(今のところ)SFに任せるとして、現実的に考えてみましょう。

上の記事では、タスクシュートを使いましょう、と提案されています。

週次レビューというものは、何か行動を改善するためにやることでしょうが、次回以後の行動を「改善」したければ「やった直後」に改善プランを出してしまうのがいいのです。タスクシュートを使いましょう。タスクシュートではタスク実行直後にタスクはログと化します。そのログを「チラ見」して、次回以後に自動生成される(リピート設定してあればそうなります)「タスク」を「改善」しておくのです。

タスクを行う。その結果をタスクシュートに入力する。「こういうことをした」という記録が生まれる。それをみて、「次はこうしよう」と考えたことを、次のタスクに反映させる。

こんな流れでしょう。

この「直後感」は、記憶も__比較的__鮮明なので有効だと思います。私も、作業記録でそれを行っています。

作業記録@Evernote

何かタスクを終えたら、Evernoteのノートに作業記録を書き込むようにしています。

※さっき書いたブログ記事について
screenshot

いつ、どんなことをしたのか。という簡単な記録です。これを書きながら、考えたこと、思ったことも合わせて書き込ます。あの作業はどうだったのか、次の課題は何か。そういう内容です。こうしてみよう、なんてアイデアが思いつくこともあります。

これはきわめて限定的な意味において、レビューと言えそうです。瞬時レビュー。

※昨日の作業記録の一部
screenshot

ここに書かれたことを、タスクリストに反映させれば、それだけで瞬時レビューは完結させられるでしょう。

私の場合は、この作業記録を一週間分読み返すことで、週次レビューの題材にしています。もちろん「明日やらざるをえない」ことは、タスクリストにピックアップしますが、それ以外の雑多な思いつきは一週間分まとめて読み返す、という流れです。

特定の項目を拾う場合

ある程度粒度のあるタスクについてだけ書いているので、一週間分といってもそれほどの量にはなりません。

また一応Evernoteさんはノート内も検索できるので、特定のトピックだけ拾うことも可能です。

※ノート内の検索方法(@Mac)

1.command + f を押す→ノート上部に検索ウィンドウが表示される
screenshot

2.トピック名を入力
screenshot

3.検索された!
screenshot

もちろん、これを機能させるためには、作業記録にトピック名を入力しておく必要がある点は注意です。

さいごに

メモと同じく、作業記録もある程度付けていると、自分がいかに忘れているのかを思い出させてくれます。

まあ、付け続けるのは難しいのかもしれませんが。

ともあれ、矢継ぎ早にタスクをこなしていくのではなく、間にわずかでも時間を設け、その作業を振り返ってみるというのはなかなか有用です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です