物書き生活と道具箱

ここまでのほぼ日手帳カズンのページをめくってみた

一月もそろそろ半ばですが、新しい手帳との「お付き合い」はいかがでしょうか。

私はたいへん良好です。

ほとんど文字ばかり書き込んでいます。

これまで通り、ページを3つの領域に分け、タイムライン、マインドログ、ノートスペースとして使っています。この辺りの話は『シゴタノ!手帳術』を参照してください。

20140113111112

ちなみにマインドログは、雑多なことを書く場所です。タイムラインの補足であったり、ミニノートであったり、何かのアイデアであったり、「これは!」と思った言葉だったりと、フレキシブルな運用をしています。

20140113111103

まあ、なんであっても楽しく使えればよいですね。あと、一年後の自分が楽しく読み返せるものであれば、なおよしです。

もちあるくカズン

一昨年までのカズンは、完全に置き手帳として使っていました。

が、今年はわりとカズンを持ち歩いています。カフェのお供にカズン、ということも増えました。

これまでは一日の最後に、その日を振り返りながら手帳に記入していたのですが、現状は、カフェに移動→カズンを開く、帰宅→カズンを開く、という風に、日常の節目にカズンを開くようになっています。これがなかなかいいかんじ。作業と作業の間に書く「作業日誌」(業務日誌)と似たような効果があるかもしれません。

合間合間に「これまでの自分は何をしてきたのかな」と振り返ってみると、少しだけですが、追い立てられるような感じ、時間を失ってしまっているような感じが薄れていきます。心理学的に言えば、何かの認知が戻ってきている、ということなのでしょうが、それが何なのかは、私にはわかりません。

さいごに

やっぱり、広い手帳はいいです。改めて、改めて実感しました。

去年Hobonichi Plannner使っていたときは、ページサイズが小さい→書くことを厳選する→だんだん面倒に、という流れが発生してしまい、ほとんど起床時間しか書いていないような時期もありました。書く場所が小さいと面倒に感じる、というのは実に不思議な心の動きです。

今年は、かなり楽しく手帳と付き合っていけそうです。

では皆さんも、手帳生活をお楽しみください。

▼こんな一冊も:

シゴタノ!手帳術
シゴタノ!手帳術 倉下 忠憲 北 真也 大橋 悦夫

東洋経済新報社 2012-03-30
売り上げランキング : 138022

Amazonで詳しく見る by G-Tools

シゴタノ!手帳術―クラウド&スマホ×アナログ手帳で人生を楽しく自由にする方法
シゴタノ!手帳術―クラウド&スマホ×アナログ手帳で人生を楽しく自由にする方法 倉下 忠憲 北 真也 大橋 悦夫

東洋経済新報社 2012-04-12
売り上げランキング : 19306

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です