執筆法

「ライトなラノベコンテスト」に連載していた作品が完結しました

ライブドアブログで、「ライトなラノベコンテスト」が行われています。

ブログでライトノベルを更新していく、というちょっと変わったタイプのコンテストで、最優秀賞に選ばれると作品が電子書籍化され、さらに印税の最低保証分として10万円が支払われます。

といっても、締め切りは2014年1月31日24時00分なので、今からチャレンジするのは難しいかもしれません。

私は、去年の11月から書き始めて、ようやく本日書き終えました。

第1話は以下。

アリスの物語 1.スマートタスクリスト

全11話。合計で2万5000字ほどです。

この作品が、はたしてライトノベルなのかどうか判断できませんが「これが、私のライトノベルなんです」と言い切ってしまえば問題ないでしょう。お暇ならご覧くださいませ。

損しないチャレンジ

「ライトなラノベコンテスト」(以下ララノコン)の第一次審査は、ブログのアクセス数で判断されます。私のランキングは現状とても低いので、たぶん一次審査を突破することはないでしょう。

それでも構わないのです。

なんといってもKDPがあります。一次審査に通らないことが分かったら、自分でそれを電子書籍化してしまえば問題ありません。もちろん、有名なイラストレーターの方に表紙を書いてもらうことも、出版社のバックアップがある販促も行えませんが、それさえ気にしなければ、書いた作品を「本」にすることは容易です。

万が一、優勝すれば大々的に販売され、そうでなくても手元に自分のコンテンツが残る。悪いところなしではありませんか。

利用したい効果

もう一点押さえておきたいことがあります。

それは、こうしてコンテストに参加しなければ、きっとこの作品は完成しなかっただろう、ということです。

実は、「アリスの物語」の第一話と第二話は、このブログに書いたエントリーです。

スマートタスクリスト2.0 あるいはアリスの物語
フィードリーダー2.0 あるいはアリスの物語(2)

第一話が 2013年1月21日で、第二話が同年3月18日。それ以降、ぴたりと更新が止まりました。続きを書こうと思ってはいましたが、他に書きたい記事もたくさんあるので、ついつい先送りしていたのです。

それがコンテストに参加して、締め切り二日前ではありますが、なんとか完成までこぎ着けました。

なんだかんだいって「締め切り」は重要です。他人が切ってくれる締め切りを利用しない手はありません。

書き手に何が必要か

別の側面から、このララノコンについて考えてみましょう。

ララノコンの一次審査は「ブログのアクセス数」です。アクセス上位者が第二次審査に進める、ということでしょう。

もちろん、面白い作品ならアクセス数を集めやすいことは間違いありません。しかし、Twitterのフォロアーが100人の人と、5万人の人であれば、後者の方がアクセス数を集めやすい環境にいることは確かです。これって不公平ではないのでしょうか。

しかし、改めて考えてみてください。最終的に勝ち残った作品は、電子書籍化され、「商品」として発売されるのです。あなたが売り手の立場だった場合、100人にアクセスできる人と、5万人にアクセスできる人のどちらの作品を売りたいと考えますか。作品の質が大差なければ、後者でしょう。「商業的すぎる」なんて非難される考えでもありません。普通の話です。

ララノコンは、これからの書き手に必要なことを明示しています。

「良い作品」を生み出すだけでなく、「読まれるための活動」も意識的・積極的に行っていくことが必要なのです。

書き手の新しさを定義するのは簡単ではありませんが、「プロモーションを他者任せにするのではなく、自身の活動の中に組み込んでいる人」というのは、たたき台としては機能しそうな気がします。

二つのポイント

その文脈に即していえば、ララノコンなどのコンテストに参加すること自体も、メタ的な「読まれるための活動」と言えそうです。

コンテストも一種のプラットフォームであり、自分のことを全然知らない人が、たまたま作品を読んでくれる可能性が出てきます。自分のメインブログで、リピーター的な読者に向けてコンテンツを出すだけではなく、積極的に「外部」のプラットフォームにも足を運ぶ。それによって新しい読者との出会いが生まれてきます。

とりあえず、ポイントを二つあげるとすれば、

  • 書き手の(メインの)仕事に、プロモーションも含まれる
  • プロモーションは、作品が完成する前から始まる

となりそうです。

さいごに

「私も、実力がついて何か書けるようになったら、何か書いてみよう」

なんて考えは、すぱっと捨て去った方がいいでしょう。

結局の所、作品を書き上げる力は、作品を書く過程でないと身につかないものだと思います。もちろん良質のインプットはぜひとも必要ですが、それだけで技術が上がるものではありません。

「こんな作品は稚拙だ」と笑われる恐怖さえ飲み込めば、ウェブ上に作品を公開していくのは良い練習になりますし、プロモーションの萌芽にもなりえるのです。

▼こんな一冊も:

KDPではじめる セルフパブリッシング
KDPではじめる セルフパブリッシング 倉下 忠憲

シーアンドアール研究所 2013-12-21
売り上げランキング : 245214

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です