時事ニュース

山口母子殺害差し戻し審

あんまりこういう記事を書くのは好きではないんですが、今後裁判と国民との距離が近づくことですし、一応書いておきます。
山口母子殺害、差し戻し審で検察側重ねて「死刑」主張

山口県光市で1999年4月、会社員本村洋さん(31)の妻弥生さん=当時(23)=と長女夕夏ちゃん=同(11カ月)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われた元少年(26)=事件当時(18)=の差し戻し控訴審第1回公判が24日、広島高裁(楢崎康英裁判長)で開かれた。

 検察側が「国民の法感情を考慮すれば極刑以外にない」とあらためて死刑を求めたのに対し、弁護側は「殺意はなく傷害致死にとどまる」として死刑回避を主張した。


さすがにこれは検察側の主張が正しいというか、弁護側の主張がかなり偏っています。
その主張を支える論理展開もかなり苦しいものです。
裏にはさまざまな事情があるんでしょう。やりたくて弁護をしているのかどうかもわかりません。
しかし、この事件を起こした犯人にもし更生の可能性があったとしても、これほどまで事実をゆがめた形で、あたかも事件がそれほどたいしたことがなかったという風に裁判が進んでしまえば、おそらくこの元少年の心の中にも歪んだ心的状況ができあがってしまうのではないでしょうか。
「結局のところなんとかなる」という心理は、おそらくこういった人を二人も殺している人間に対して持たせてはいけないものだと思います。

被害者の遺族の方の感情がどうとか、という話はまったく抜きにしておいても、この元少年はいまの日本の法律では「極刑」でまったく問題ないでしょう。終身刑があるならばそれでもいいと思います。
さすがに無期懲役では、軽すぎる罰ではないでしょうか。罰が軽いということは侵した罪が軽いということになってしまいます。この元少年が本来しなければいけないことは、刑務所に服役することではなく、自分の犯した罪の大きさを知るということでしょう。


まったくの余談ですが、弁護側は傷害致死を主張しておられます。かなり苦しい感じですが、おそらく死刑を避けるためにはそれしかなかったのでしょう。
山口・光の母子殺害:元少年側「傷害致死」 検察側「死刑が相当」--差し戻し審
「弥生さんについては、騒がれたため口をふさいだら誤って首を押さえ続け窒息死させた。夕夏ちゃんについては、泣きやまないので首にひもをまいて、蝶々(ちょうちょう)結びにしたら、死んでしまった」
もし、こういった行為が人を殺してしまう可能性があるということが認識できていない(殺意がなかった、というのはそういうことですよね)人間だとするならば、やはりそういった人間は社会に安穏と暮らしてほしくないところです。結局のところ、彼は社会不適格者である、ということではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です