物書き生活と道具箱

電子書籍のサンプルを「BiB/i」を使ってブログに埋め込む

もしかしたらご存じかもしれませんが、

『赤魔導師の白魔法レベルぐらいまでは』(R-style)

上の書籍紹介ページにはサンプル(エッセイ1編)が掲載されています。

テキストではなくて、EPUB形式での見本です。それがエディタ上で閲覧できちゃうのです。

何はともあれ一度サンプルをご覧ください。

BiB/i

このサンプル実装には、「BiB/i(ビビ)」を使わせていただきました。
※ありがとうございます。

BiB/i(ビビ)

実装までの大まかな流れは、

  • BiB/iをダウンロード&解凍→
  • フォルダごとサーバにアップ→
  • 「bookshelf」フォルダに表示させたいEPUBファイルを入れる→
  • ページにコードを書き込む

というもの。詳しい話は

BiB/i 設置マニュアル

をご覧ください。

さいごに

電子書籍の場合、「立ち読み」が少々困難です。

できないことはないのですが、ユーザーが一手間かける必要がある場合がほとんどでしょう。

書籍紹介ページでそのまま閲覧できれば、利便性が上がりますね。

当然、サンプル用のEPUBをまた別で作成しなければいけない手間はあるわけですが、頭のページだけでなく、読ませたい部分をサンプル提示できるメリットもあります。

また、一週間ごとにサンプルの部分を変えていくというディザー広告的な手法も行えるでしょう。手間がかかる分、工夫を入れられる余地はたくさんあります。

どちらにせよ、販売をAmazonページだけに任せるのはちょっと力不足です。自分でサイトを作り、そこにサンプルを載せてみるのは是非とも取り組んでおきたい施策です。

▼告知:
2月17日に、八重洲ブックセンターさんで以下の新刊に関するブックセミナーを行います。

電子書籍の最初の一歩を踏み出せていない方はぜひご来場ください。参加料は無料ですが、事前に登録が必要ですのでご注意ください。

倉下忠憲さん講演会 「セルフ・パブリッシングの最初の一歩」

[告知] 2月17日に八重洲ブックセンター本店さんで新刊イベントを行います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です