2-社会情報論

個人出版者のための「場」があるといいな、と

以下の記事を読んで、ふむと考え込みました。

HTML5パブリッシングマガジン開発日誌 Vol.03/個人出版の敷居はまだ高いのか? 電子書籍(EPUB)作成のどこが難しいのか考えてみる(eBook Strategy Magazine)

業界の人たちは状況を理解した上で、臨機応変にsigilを利用していましたが、一般ユーザーには正しい情報が伝わっておらず、EPUB 3ファイルの作成にsigilを使う人もいたわけです。この問題は、ウェブ上に蓄積されている情報に深く関係しています。

冒頭で、sigil(シジル)というEPUBオーサリングツールを巡る話が紹介され、そこから現状の個人出版における電子書籍の情報環境の問題点が考察されています。

とりあえず読んでみてください。

情報をめぐる問題

一応拙著『KDPではじめるセルフパブリッシング』でも、一行ぐらい使ってSigilを紹介しました。現行のKDPに限って言えば、mobiにコンバート可能なEPUBを作成することができるのです。『赤魔導師の白魔法レベルぐらいまでは』は、まさにこのsigilで作成しました。

が、他のプラットフォームへの配信を考えると、いささか心許ないですし、Amazon側の仕様変更の可能性はいつでもあります。あくまで、「現状、KDPに関しては行ける」というだけの話です。

ツールに関するお話は、いつでも似たような問題がつきまといます。いろいろ変わってしまう可能性があるのです。

もしかしたら、三ヶ月後ぐらいにSigilをちょこちょこっとHackすればEPUB3が作れる、みたいなことになるかもしれません。そうすると、Web上には、「sigilこのままで行けるよ」「sigilダメ、絶対」「sigil HackすればAll right!」という話が併存してしまい、検索でどの情報と遭遇したかによって、その人の認識は変わってしまいます。

情報は、何を見つけたかはすぐに理解できても、自分はまだ何を見つけていないのかはわからないものです。結局、何か足りないものがあったとしても、そのままの認識で一直線に進んでしまうことでしょう。

課題と対策

上に引いた記事では、

  • 最新情報が、過去の古い情報に勝てない
  • どの方法を選択していいのかわからない

の二つが指摘されていました。確かにそうだと思います。

打開案として考えられるのは、「強力なプラットフォームを作る」ことでしょう。個人出版をしよう!、と思った人が検索したらかならずそのサイトがヒットする(しかも、上位に表示される)ような、ウィキペディア的な存在を作ることができれば、Web上に情報が散乱していても問題ありません。

そこにツールの情報をまとめ、最新情報の一元化場所として使うのです。

また、ツールごとの特性を紹介し、これから作り始める人のガイド機能を持たせることもできるでしょう。すでに出版された個人出版の作品が、どういうツールを使って作られたのかを紹介するのも有用だと思います。

他には、何かあるでしょうか。

もちろん、EPUBに関する最新情報や、初心者向けの講座をのせておいてもよいでしょう。個人出版の新刊&既刊のレビューを掲載していてもよいですし、セルフパブリッシングな人たちのブログのRSSをサイドバーにのせておくのも面白いかもしれません。

Wiki的な方向もあれば、メディア的な方向もあるでしょう。なんにせよ、そのようなプラットフォームができたら、情報のまちまち感はずいぶん減らせるはずです。

さいごに

しかしながら、当然のようにそのプラットフォームには「運営者」が必要です。砂場をつくっておけば、勝手にお城ができあがるというものではありません。コンテンツの作り込みは他人の協力を仰ぐことはできても、誰かが運営のディレクションを行わなければいけません。

どう考えても、面倒です。

妥協案としては、さまざまなページへのリンク集&セルフパブリッシングな人たちのブログのRSSを載せたサイトを作る手もあるでしょう。そうしたものでも、検索で上位にくるぐらい人気が出れば、プラットフォームとしては機能するはずです。

が、やはりディレクターがいないと、そもそも検索で上位に来るのも難しいような気がします。これってたぶん、「面倒くさいからみんなやらないけど、だれかがやらなきゃいけない」ことなんではないでしょうか。

今後、そうしたものが出てくるかどうかはわかりませんが、出てきたらいいなとは思います。

▼こんな一冊も:

KDPではじめる セルフパブリッシング
KDPではじめる セルフパブリッシング 倉下 忠憲

シーアンドアール研究所 2013-12-21
売り上げランキング : 150223

Amazonで詳しく見る by G-Tools

赤魔導師の白魔法レベルぐらいまでは (WRM エッセイ集)
赤魔導師の白魔法レベルぐらいまでは (WRM エッセイ集) 倉下忠憲

倉下忠憲 2013-08-25
売り上げランキング : 36266

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です