「note」を触ってみた雑感など

4月7日に「note」というサービスが始まった。

noteをはじめました。(加藤貞顕 | note)

デジタルコンテンツプラットフォーム「cakes」を展開されている加藤さんプロデュースの新サービスだ。

※ちなみにcakesについては以前いくつか書いた。
cakesについて、ぼんやりと
デジタルコンテンツプラットフォーム「cakes」が開始、早速購読して読んだコンテンツ

ちょこっと触ってみたところ、tumblr+Medium+Gumroad かな? という印象。機能的な理解はおそらくこれで良いと思うが、「じゃあ、それがどんな位置づけになるのか?」となると話は変わってくる。

それがなかなか掴みづらい。

「場」としてのプラットフォーム

上に引いた記事にはこうある。

本日、新サービスnote(ノート)をはじめます。noteは、個人のクリエイターが、自分のメディアとしてコンテンツを発表するためのプラットフォームです。

だったら、「Gumroad」じゃん。と思うが、どうにも違う。Gumroadは確かに販売プラットフォームではあるのだが、人はGumroadに常駐したりはしない。

noteはSNS的(というかtumblr的)なので、「ちょっと、見に行くか」ということになりやすい(可能性がある)。つまり、人がそこに集まるのだ。言い換えれば、日本語で言うところの「場」としての機能が意識されたプラットフォームなのだ。

そうして人が集まる「場」で、何を展開できるかというと、

screenshot

「トーク」「イメージ」「テキスト」「サウンド」「ムービ」の5つ。

トークは、ツイートのようなもの。これは無料だけだ。

テキストは、要するにテキストで、これがMedium的である。無料と有料がある。後は、画像と音声と動画だ。

動画に関しては、現在有料販売は対応していないようだが、今後対応されるらしい。動画の販売が始まれば、また広がりが出てくるだろう。

何をどう売る

すると、次に気になるのは「何を、どのように売るのか」というお話だ。

それを考えるためには、コンテンツ展開の俯瞰的な視野が必要になってくる。つまり、ブログや有料メルマガ、セルフ・パブリッシングといった他のツールを含めて、どのように位置づけるかを考えなければいけない、ということだ。noteだけで考えていても、おそらく広がりは少ない。

が、最初のうちは深く考えても仕方がない。手持ちの情報が少ないうちは、試行錯誤だ。おそらく、Gumroadが始まった当初試されていたことが、ここでも繰り返されるだろう。それらが、一通り落ち着いてきたのち、noteらしさが浮かび上がってくるに違いない。

今のところ最低価格である100円のノートが多いようだが、上限は1万円である。悪巧み、というのではなく、何か面白い展開もできるだろう。

どう売るか:隠し方

cakesの個人版?「note」で有料コンテンツを公開する方法(しゅうまいの256倍ブログ neophilia++)

上の記事では、有料コンテンツの販売方法が紹介されている。

それをみると、コンテンツのどこまでが無料で、どこからが有料かを自分で設定できるようだ。これを、「チラ見せライン」とひとまず呼ぶことにしよう。

チラ見せラインが自由に設定できるのならば、シンプルに考えて3つのパターンが想定できる。

  1. さわりだけを無料にする
  2. 全文無料にする
  3. 全文有料にする

1がもっともありふれたパターン。文章の概要だけを見せて、続きを有料にする。腕の立つライターなら、冒頭にはかなり気を遣っているはずなので、プロとアマの差がはっきり出てくるタイプかもしれない。

2は、「投げ銭」と呼ばれているパターン。つまり、コンテンツを全部無料で読んでもらったあと、「もし気に入ったら、続きとかは特にありませんけど、100円払ってくれると、私としては嬉しいな(ニコっ」と提案するものだ。

すでに、そうしたノートはある。

noteを「投げ銭」型で使ってみる(鷹野凌)

「投げ銭」という形でマイクロコンテンツを応援する(結城浩)

※他にもあるだろう。

シェアウェア、あるいはドネーション(寄付)のような位置づけで有料機能を使うわけだ。

最後の3は、タイトル部分だけ見せて、残りは全て有料にしてしまうパターン。立ち読み禁止の雑誌をイメージすると良い。いささか強気な設定に思えるが、案外そうでもない。

コグレマサトと桜(いしたにまさき)

「何が出てくるんだろう?」的な、期待感がこのパターンにはある。情報よりも、体験を売っている感覚に近いかもしれない。おみくじとかガシャポンを引くような感覚も近しい。

ただ、これが一番扱いにくいだろうことは想像に難くない。

フローである、ということ。

tumblr的であるということは、コンテンツはフローだということになる。つまり、流れるのだ。

Amazonでセルフ・パブリッシングすれば、それは一応ストックになる。さすがに100冊も本を作れば、過去の作品を探しにくくはなるが、たどれないほどではない。

しかし、noteでは、販売しているnoteが100にもなれば、昔のノートが他の人の目に触れるのは少々厳しいだろう。コンテンツにタグが付けられて、それが検索で引っかかる、ということができたり、あるいは自分のプロフィールページで、お勧めノートを提示できたりすれば話は別だ。

あるいはnoteのページランクが上がって、Googleの検索でホイホイ上位に表示されるようになってくれれば、過去コンテンツ埋没問題は、多少緩和される。

が、そうした変更がなければ、基本的に「その瞬間に売るもの」ということになる。BlogやSNSを併用することで、過去のノートの発掘も可能だが、わりと自分で動かなければならないのは面倒であるので、やらない人が多いだろう。

今後noteがどういう方向に進んでいくのか、気になるところではある。

さいごに

現状いろいろ問題・課題は指摘されているであろうが、とりあえずテキストエディタに「引用」の装飾を付けて頂きたい。それがないと、落ち着いて文章が書けない、というのは大げさだが、書きにくいことは確かである。

それ以外の改善については、私はノンビリと待とうと思う。なんといっても、元小売店の店長である。間接的な広告料よりも、直接何かを売って代金を頂く方が、スッキリするのだ。

メディアはマッサージである。

とマクルーハンが述べたことが正しいのならば、「私たちがどういうものに、どういう形でお金を支払うのか」の感覚もまた、普段接しているメディアによって変わっていくだろう。というか、それはもうすでに変化し始めているのかもしれない。それがまだ小さいから、感じられていないだけなのかもしれない。

ともあれ、まだまだ始まったばかりだ。どんなことになるのかは、わからない。私自身もいろいろ試しながら、今後の推移を見守りたい。

そうそう、以下のような募金ノートがあるので、よろしければぜひ。

R-style活動募金(倉下忠憲)

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です