0-知的生産の技術

書かないと上手くならないけど、

結構、微妙な話だとは思うんですよ。

それでも、

書かないと上手くならないけど、書いてもうまくなるとは限らない

ってことは、結構言えるのかなって気がします。

因果が非対称なんですよね。まあ、これを因果と呼んでいいのかすらわかりませんが。

これって、絶対に100%失敗したくない人にとったら、ツラい話だと思うんですよ。なにせ、自分がやっていることが、まるっと無駄になっちゃうかもしれないわけですから。ある意味では、博打みたいなものですよね。それにうまくなるにしても、どこまでうまくなるのか測りようもありません。10年続ければ、一人前にはなれるんでしょうが、それは一流になれることを意味してはいません。

もし才能という言葉が意味を持つとしたら、その10年選手同士の違い、ということになるんでしょう。

まあ、書くのが楽しければ、あるいは書く技術が向上していく感覚が楽しければ、なんとでもなるのでしょう。なんともならなくても、失敗した気分にはならないわけですので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です