執筆法

まっすぐな線を引くこと

自然には直線がない、みたいな話をよく聞きます。

たしかに風景を眺めてみると、植物やら動物やらには直線がありません。山や川の形も、言ってみれば水平線ですら直線ではありません。

そういう意味で言うと、直線って不自然な存在です。

だから、人間の手で線を引くときも、なかなかまっすぐな線は引けません。まっすぐな線を引くためには、道具を使うか、あるいは多少なりともの訓練が必要です。

たぶん、文章にも似たようなことが言えるのではないでしょうか。

複雑な感情・まっすぐな文章

「思ったことをストレートに書けばいいんだよ」

国語の先生が、そんな風にアドバイスしてくれるかもしれません。

でも、自分の心をじっくり観察したことがある人ならば、知っているはずです。自分の心なり思考なり感情なりといったものは、決して直線的ではないことを。それは多重的で多層的で、矛盾していて、行ったり来たりをしながらも、何かを強く訴えかけてくるものであること。

それを「ストレート」に紙に写し取ることはできません。特に文章の形で起こすのは不可能です。だって、文章というのは直線的なものなんですから。

でも、上のアドバイスはあながち間違っているとも言えません。

「思ったことをストレートに書けばいいんだよ」

は、ピュアに受け取れば、右から左の受け渡しのように聞こえます。つまり、右に思ったことがあり、左に文章がある。それをひょいっと移動させれば完成、という印象です。これには無理があります。

でも、こういう風に解釈すればどうでしょうか。

「思ったことをストレート(な形に変換したうえで文章)に書けばいいんだよ」

ここでいうストレートとは、リニア、つまり直線ということです。こういう風に解釈すれば、的外れというわけではないでしょう。

ただし、「実際にどうすればいいのか」というところはわかりません。あくまで姿勢を提示しているだけです。

さいごに

以上の類推的考察から、二つのことが考えられます。

一つは、思っていることをストレートに書くためには訓練が必要である__つまり「誰でも簡単にできる」ことではないということ。

もう一つは、定規のようにそれを補助する道具が存在するかもしれない、ということ。

さて、今この話を読んで、どのような「道具」があたまに思い浮かんだでしょうか。教えて頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です