Evernoteの使い方

Evernoteにも情報カードを保存する

以下の記事で、興味深い写真が紹介されていました。

情報カードはスキャンして、FlickStackrで(iPhoneと本と数学となんやかんやと)

失礼して、画像をそのまま拝借します。

左側でサムネイルを確認しながら、大きい方の右側で情報カードの中身を確認できるようです。実に素晴らしい。

パッとみて、カードの内容まで確認できるアプリがなかなかないんですね。画像をタイル状に表示し、それを見たいわけなんですが、正方形に切り取られて表示されているものがほとんど。これだと、長方形のカードの両端が切れちゃって、内容を十分に確認することができない。

そう、そうなんですよね。このあたりの「切実さ」は、実際にカードを取り込んで、閲覧しようとしている人でないと伝わらないかもしれません。

ちなみに私はFlickrを使っていないので、同じことはできません。

しかし、Evernoteで同じようなことをしています。

screenshot
※「情報カード」というタグを引っ張り出したところ。

実際にカードの中身を確認すると、

screenshot

この辺はうまくいってます。choiyakiさんと似たような環境です。

screenshot

でも、これだとまったくだめです。ほとんど読めません。

screenshot

この辺でギリギリでしょうか。

あとからパラパラと閲覧することを考えた場合、iPhoneのカメラで適当に撮影というのではなく、スキャナをちゃんと使った方が良いかと思います。最近発売された、あの商品とか、情報カードを取り込むのに最適ではないかと思わないではありません。

SnapLite PD-SL01
SnapLite PD-SL01
PFU
売り上げランキング : 97

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ちなみに私もchoiyakiさんと同じように、Evernoteに取り込んだ情報カードも(基本的には)保存してあります。デジタルとアナログのハイブリッド保存です。

で、結局何が言いたいのかというと、Evernoteと連携する付箋があるなら、Evernoteと連携する情報カードがあってもいいんじゃないのか、ということです。はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です