4-僕らの生存戦略

圧縮と単純化と

jpegってありますよね。ジェイペグ。

静止画像のデジタルデータを圧縮する方式のことで、たいていの画像ツールにはjpegで保存する機能がついています。

でもって、圧縮率も自由に変えられます。圧縮率を上げて保存すれば、ファイルサイズは小さくなる。小さければ、ディスクを圧迫しないし、ファイル移動にも時間がかからない。よいことづくしです。

が、少し考えたいことはあります。

たとえば白地に黒い線がどかんと書いてあるような画像の場合、圧縮率を上げても別段問題はないでしょう。

でも、きらびやかな光や、いろどりどりのお花を撮影した写真であればどうでしょうか。極端に圧縮率を上げてしまうと、画像が劣化してしまうかもしれません。細かい色合いが潰れてしまったりすることもあるでしょう。

もともとの画像の詳細を保てる圧縮の限界地点がどこかにはありそうです。

で、これって人に何かを教えたり、伝えたりするときにも、同じようなことが言えるのではないかと思います。

・もちろんシンプルに伝えられるのが望ましい(ファイルサイズが小さいのと同じように)。
・そして、もともとシンプルなものは、単純に説明できる。
・でも、そうでないものを無理矢理単純化してしまうと、歪みが生じてしまうこともある。

単純化の限界地点も、きっとどこかにあるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です