物書きと道具箱

Evernoteのinbox整理アプリ『zen』

デフォルトノートブック(既定のノートブック)をノートの「受信箱」にしておき、そこからしかるべきノートブックに振り分けるスタイルをinbox方式と呼びます。

これは多様な情報が入り込んでくるEvernoteの整理法としては、非常にありふれたもので、個人的にもinboxは作っておいた方が良いと思います。少なくとも一度以上はノートを見返すことになるので、情報の非活用度を5%程度押し下げる効果が期待できます(数字は適当)。

で、そのinbox整理(inboxにあるノートを別のノートブックに振り分ける作業)なんですが、私としてはMacでやりたいところです。iPhoneの小さい画面でちまちま作業したくないのです。

でも、これぐらいシンプルな操作なら、iPhoneでやってもいいかな、という風には感じました。

Zen
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

使い方

コンセプトは簡単です。

あらかじめ指定したノートブックに入っているノートを、別のあらかじめ指定したノートブック(アーカイブと呼ばれる)にスワイプ一発で振り分ける。

たとえば、こういう設定にしておいて、

20140724075508

リストから右方向にスワイプすると、スクラップのノートブックに瞬時に移動します。操作のもたもた感は一切ありません。

20140724075431

右側へのスワイプはアーカイブですが、左側へのスワイプでは、ノートブックリストの選択になります。右側に長スワイプすると、ノートの削除。私はあまり使いませんが、必要な方もいらっしゃるでしょう。

※ノートブックの選択画面
20140724075315

つまり、inboxに入っているノートを、右へ左へスワイプして、仕分け作業を行うことができます。

fcaac0c8168fdf18e3aabb83b03d1fdb

もちろん、ノートをタップすれば、中身の確認もOK。基本的なことは十分できます。

20140724075241

が、タグ付けはできません。今のところは。

あくまでノートブックの移動だけに特化したアプリになっています。

相性の良い人

と考えると、inbox方式を採用している方で、

  • 特定のノートブックへ頻繁に移動させる
  • タグを使わない

というタイプの方ならば、ベストマッチでしょう。びゅんびゅんinbox整理が進むかと思います。

逆に100個のノートを、5個ずつ20個のノートブックに移動させる、という場合どれをアーカイブに指定していいのか判断に困ります。それにこの操作感の快適性が若干いかされません(不便とまでは言えませんが)。ここら辺は整理システムとの相性があるでしょう。

さいごに

私の利用法では「スクラップ」と「象の墓場」が大半なので、わりと相性は良い方です。その部分だけをみれば、メイン使用もありえます。

が、タグとリマインダーが指定できないのが痛いところ。リマインダーに関しては危機的状況ではないものの、タグがないのはツライです。頻繁につけるものではありませんが、一回のinbox整理で数回のタグ付け作業は発生します。それができないと、いろいろ困るのです。

無茶な要求とは理解しつつも、この快適さを維持しながら、タグ付けもできるようになると、私的には超ハッピーなアプリになりそうです。

コメントを残す