Evernoteの使い方

Evernoteのプレゼンモードで、アイデアノートを閲覧しつつ追記(したい)

以下の記事を読みました。

準備のいらないプレゼンで社内コミュニケーションの活性化(Evernote日本語版ブログ)

Evernoteのプレゼンテーションモードの紹介です。

私は「社内でミニプレゼンする」みたいな機会はほぼありませんので、そういう用途では活躍していませんが、ノートの表示スタイルが変わる点は結構気に入っています。

以前、こんな記事を書きました。

Evernoteのアイデアカードを「くる」方法(シゴタノ!)

画面端をクリックするか、左右の矢印キーでノートの移動が可能です。どんどん右を押していけば、カードを「くる」ような感覚が味わえます。

これはこれでよいのですが、問題はそのままの状態でノートの書き込みができないこと。何か追記すべきアイデアを思いついたときは、プレゼンモードを一度終了させる必要がでてきます。

プレゼンモードで表示させながら、同時にノートに書き込みができないことに問題点を感じていたわけです。

でも、日本語版ブログを読むと、サブディスプレイを使えば、この問題が改善できることに思い至りました。

やってみる

まず、ノートを複数選択。

screenshot

プレゼンモードにして、右上の「ディスプレイ画面を変更」をクリック。すると、Evernoteのクライアントは通常通り表示されたまま、サブディスプレイにプレゼンモードが表示されます。

20140916194006

で、この状態で表示されているノートと、同じノートをクライアント上で編集すると、見事にプレゼンモードの表示にもそれが反映されます。

※追記前
20140916194039

※追記後
20140916194130

そうすると、Evernoteのノートをまるでカードをくるように表示させていきながら、何か追記できそうなことがあれば、そのままスルスルと入力してしまえる、という環境が作れるわけです。

と、素晴らしい発見に至ったような気がしたのですが、もう一歩足りないところがありました。プレゼンモードで「次のノート」に移動したとしても、クライアントのノート表示は変わっていないのです。よって、プレゼンモードでノートを移動→クライアントでもノートを移動、と非常にアナログちっくな動作を行わなければいけません。

若干面倒です。

さいごに

が、その面倒さは横に置いておくとして、「プレゼンモードで表示させながら、かつ追記ができる」という体験は、実に素晴らしいものでした。なんとなく、未来はそこにありそうな気すらします。

もう一度書いておきますが、カードをくるようにノートをパラパラとめくっていき、かつそこに追記(を含む編集)ができること。こういうことができると、もっとEvernoteのアイデアノートを活かせるような感触が強くあります。

今のところは、以上です。

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 151726

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です