EvernoteアンバサダーのEvernoteな一日

私たちが脳の使い方をふだん意識しないように、あまりにも馴染んでくるとEvernoteをどう使っているのかを意識しなくなります。

でも、けっこう使っているわけです。

今回はそれについて書いてみましょう。私の一日の生活__主に仕事の分野__で、Evernoteがどのように活躍しているのか。

タスクリスト作成

朝一番にタスクリストを作ります。その日のタスクを並べたリストです。

一枚のノートにチェックボックス付きでタスクをリストアップし、以降はこのノートを常時参照するようにします。そのため、このノートは独立したウィンドウで表示しておきます。タスクを実行したらチェックボックスにチェックを入れ、新規タスクが発生したらリストに追加する。そうやってタスクをコントロールしていきます。

タスクリストが完成したら、パズドラのゲリラダンジョン発生時間を確認して、リストに書き込みます。大切なリマインダーです。

※たとえばこんなノート
screenshot

タスクリストにタスクを書き込む際は、「一週間ノート」も参照します。名前の通り一週間分のスケジュールが記入されたノートです。手帳で言えば、バーティカルのようなノート。この二つのノートがタスク管理の基本です。

※たとえばこんなノート
screenshot

作業開始

マクドナルドに移動して、さて作業を始めようと思ったら、WiMAXの電波があまりよくありません。仕方なくmobilepointを使おうと思ったら、IDとパスワードがわからない。Evernoteで「モバイルポイント」と検索し、IDをパスワードを確認して入力します。無事ネットに繋がりました。

その日のブログを更新します。記事でとりあげようと思っていたコンビニ関連のウェブ記事を、「コンビニ」ノートブックから引っ張ってきて引用します。もう一つのブログは「アイデアノート」に入れてあるネタを元に記事を書きます。

記事を書きながら、気になったことがあったので「○○○について調べる」をタスクリストに追加。調べた結果は、一日のタスクリストを書き込んだノートの末尾に書き込んでおきます。

ブログが終わったので、メルマガ原稿の執筆に移動。メルマガの過去原稿は「有料メルマガ」ノートブックに全て保存されているので、先週号を読み返して、今週書くことを確認。さらにメルマガのテンプレートもEvernoteにあるので、それをコピーしてCotEditorに貼り付けます。原稿執筆そのものはCotEditorで進めますが、書き終えたらAppleScript経由でEvernoteに保存します。自動で「有料メルマガ」ノートブックに保存するAppleScriptです。

メルマガが書き終えたので、その旨をツイートします。ツイートの雛形がEvernoteにあるので、「有料メルマガ」ノートブックのリマインダーに設定してあるそのノートからコピペしてツイート。これでメルマガ関係の作業は終わりです。そうそうチェックボックスにチェックを付けましょう。

Evernoteを確認すると、先ほど書いたブログ記事のFeedからノートが作成されていました。自動バックアップです。

プロジェクト開始

さて、書籍の執筆作業に入りましょう。進行中の原稿データはScrivenerに格納されていますが、アイデアメモやウェブ記事のクリップ、そしてタスクを管理するプロジェクトノートはEvernoteにあります。

「一週間ノート」にはその週における重要プロジェクトについてのプロジェクトノートへのリンクが貼ってあるので、それをクリックして前日までの進捗と、今日これからのやることを再確認。

※たとえばこんなノート
screenshot

粛々と__Twitterなど見ずに__作業を進めていきます。

作業中気になったことは、プロジェクトノートに書き込んでおきます。タスクが発生していたら、それも追加。

一通り作業が終わったら、チェックボックスにチェックマークを付けて次の作業へ。

雑事

そういえば、車検の時期が迫っているのでした。今月の家計はどんなものになるだろうかなと思ったところで、車検にいくらかかるのかがわかりません。とりあえず、前回の車検代が参考になるでしょう。でも、覚えているわけがありません。Evernoteで「車検」で検索すると、前回の請求書兼領収書が出てきました。ふむふむと、予算組みにその数字を放り込んで計算を続けます。なかなか、厳しそうだ。

気分転換に、新刊の告知ページである「でんでんランディングページ」をいじりましょう。HTMLを直接いじったので、念のためにHTMLファイルをEvernoteに保存。でんでんランディングページとでもタイトルに降っておけば、後から見つけられるでしょう。

そのまま気分転換続行(脱線とも言う)で、あたらしいAppleScriptを書き始めます。ほとんど無知に等しいので、ひたすらGoogle先生にお伺いを立て、調べたものはWebクリッパーで保存。AppleScriptタグを付けておきます。自分でアレンジしたコードも、AppleScirptエディターから、control + command + Vで保存。「知識ボックス」ノートブックに保存し、再利用可能な状態にしておきます。

あたらしいウェブツールを見つけたので、アカウント登録を進めながら、要所要所で画面をキャプチャ−。EvernoteのControl + command + C を使います。ヤバい部分は、Evernoteから「この画像に描き込み」を選んでボカし処理。これでブログのネタが一つできました。

ちょっと思いついたことがあったので、「今日の一言」としてTwitterに投稿。それもControl + command + Cでキャプチャーし、「今日の一言」タグを付けておきます。

いくらかタスクを消化し、やれやれということで本を読んでいたら、面白い一文を発見。それをTumblrに「引用」で投稿します。IFTTTのレシピで、Tumblr→Evernoteを作ってあるので、その引用はそのまま私のEvernoteにも流れ込んできます。パブリックとプライベートの両方にまたがる情報カード。

ようやくタスクが終わり、その日のタスクリストを見返します。明日やるべきことがあったので、次の日のタスクリストにあらかじめ書き込んでおきましょう。

さいごに

多少編集はありますが、だいたいはこんなところです。

ほんとうになくなると困り果てるぐらいEvernoteと一日を共にしています。

みなさまのEvernoteな一日はいかがでしょうか。

▼こんな一冊も:

EVERNOTE「超」知的生産術
EVERNOTE「超」知的生産術 倉下忠憲

シーアンドアール研究所 2011-02-26
売り上げランキング : 134987

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 368178

Amazonで詳しく見る by G-Tools

タグ:

コメントを残す