0-知的生産の技術

ぼけーっと眺めてインスピレーションを得るためのページを作りました

100の言葉を尽くすより、実際に見てもらうのが一番でしょう。

ブレスト用ページ
https://rashita.net/blog/brest.html

screenshot

「カードのスライド開始」ボタンで、始まります。
「カードのスライド停止」ボタンで、止まります。

以上。

経緯など

もともとTumblrにて、ウェブで見つけた印象的なフレーズを収集しているのですが、

ハイブリッド情報カード

収集して終わりというのでは少し寂しいです。せっかく「ハイブリッド情報カード」という名前を付けているのですから、カードをくるように過去のインプットを見返したいもの。

私はこのTumblrからEvernoteに送信しているので、検索で見つけ出したり、あるいは関連するノートで表示されたりといったことはあります。でも、もう一押し欲しかった。

というわけで、JavaScriptとTumblrのAPIを使って、ランダムに過去のTumblrポストを表示させるページを作りました。といっても、IFTTT並に簡単なものです。

rashita / insp.html(GitHub)

Tumblrにはランダムにポストを表示させるAPIがあるので、そのリンクにアクセスしているだけ。5.5秒に一回、表示が切り替えられます。シンプルさを一番に考えたので、「戻る」ボタン等は実装されていません。ただただ、時の流れのように行き過ぎるカードを眺めていくだけのページです。

カードの下には、思いついたフレーズで書籍を「連想検索」できるボタンも付いていますが、これはまあオマケみたいなものなので、あまり気にしないでください。

もちろん、ここで表示されるのは私の印象に残ったフレーズであり、他の皆さんのそれではありません。だから、このページを眺めていて得するのは基本的に私だけです。やっぱり、それぞれ自分のTumblrでやった方が良いでしょう。

さいごに

できれば、これと同じことをEvernoteのノートでも実現したいところです。というか、本当にやりたいことはそれかもしれません。

その辺りはXcodeと相談しながら進めていきます。

▼こんな一冊も:

Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術)
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術 (デジタル仕事術) 倉下 忠憲

技術評論社 2012-06-30
売り上げランキング : 384355

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です