Evernoteの使い方 物書き生活と道具箱

IFTTTを用いて、SNSでの活動報告をブログにストックする

先日紹介したイベントで、まつもとあつしさんが、「自分の活動報告をブログに更新するのが面倒で、Twitter→Facebookで今は落ち着いています」という旨のことをおっしゃられていた。

私はそういう話をきくとついつい「なんとかできないか」と考えてしまう。まあFacebookでもいいのだけれども、Googleの検索からはどうなんだ、という問題もあるわけですし。

というわけで、考えてみたところ二つアイデアが出てきた。使うのはどちらもIFTTT。我らが最強のパートナーIFTTT。

1)Twitterのハッシュタグトリガー→Wordpress

まあ、すぐに思いつくのがこれ。活動報告のツイートに特定のハッシュタグを加えて、それをトリガーにしたアクションを設定しておく。

で、ツイートの内容をWordpressの記事にしてしまう。ものすごい短い記事になるだろうけれども、詳細ページへのURLさえあれば告知としては一応機能するだろう。少なくともストックにはなる。

ちなみにWordpressではなくBloggerを使う手もある。

2)Twitterのハッシュタグトリガー→Evernote→Postach.io

上のやり方の変形版。

おそらく上のやり方だと、一度投稿したエントリーを修正したりするのはひどく面倒である。普段使わないツールにアクセスするための心理的な距離は遠い。

というわけで、Evernoteだ。

告知ツイートをEvernoteに取り込み、さらにpublishedのタグを添付し、どこかのノートブックに放り込む。すべてIFTTT一本でできる。そのノートブックをPostach.ioの公開ノートブックに指定しておけば、上の方法と変わらない手間でブログの記事が作れる。

それに、記事の修正は自分のEvernoteを開いて、ノートに手を入れればよいだけだ。心理的な距離はずいぶんと近い(はず)。

さいごに

まあ、Facebookの方が見られる範囲をコントロールできるメリットがあるので、やっぱりそっちの方が良い、という結論はあるかと思うが、もしSNSでの活動報告はできていても、それがストックとしてWebに残せていないという方は参考にしてみて欲しい。

▼IFTTTとPostach.ioについては以下
EvernoteとIFTTTのおさらい(1) 〜IFTTTとは何か〜

Evernoteをアウトプットツールへと変身させる「Postach.io」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です