6-エッセイ

回ってきたバトンに全力で答える

どうも。質問に答えるのと、困っている人にアドバイスするのが三度の麦酒の次に好きなRashitaです。

今回は『明日が雨でも晴れでも』の晴海まどかさんからバトン(※)を頂いたので、ちょっと答えてみます。
『月刊群雛』最新号Kindle・koboなど配信開始&バトンに答えてみた

明日が雨でも晴れでも impress QuickBooks 明日が雨でも晴れでも impress QuickBooks
晴海 まどか Nacht

by G-Tools


▼1. アイディアとかどうやって出してますか?

アイデアを「出す」というよりは、日常生活中にふらっと思いついたアイデアを「掴まえる」というのが近いかも。そういうのをこまめにメモしています。

そうしたアイデアを「広げる」ときは、紙に書き出したり、付箋にだだっと書き込んでいったりはします。

どうしても必要なアイデアが出てこないときは、アフリカ南部に住むアドゥル民族が代々受け継いでいるというアイデア乞いの踊りというのを三日三晩かけて踊ります。嘘です。

そういうときは散歩しますね。iPhoneかメモ帳だけ持って。


▼2.アイディアが出やすい場所は?

読書中か、エディタの前かもしれません。もちろん、書店はインスピレーションの宝庫です。

あと、油断ならないのが車の運転中ですね。

出にくい場所は、たぶんゲームセンターと雀荘とパチンコ屋です。


▼3. 作品仕上げるのにどれくらいかかる?

電子書籍に関しては一ヶ月です。『アリスの物語』もそれぐらいだったような気がします。

基本的にプロットなしで、勢いで書き始めるので完成までは早いのですが、書き終わった後の手入れになかなか時間がかかります。

そもそも「一ヶ月かかる」というよりは、一ヶ月で無理矢理締め切っているというのが現状かもしれません。ゆったり進められるなら2〜3ヶ月ぐらいでしょう。きっと。


▼4. 今までで一番嬉しかった感想は?

「他の人から感想を頂けている」という現象自体が、もうとびっきり嬉しいことは間違いありません。

あと、一つの作品を、いろいろな角度から読んで頂けていることも嬉しいです。人によって、何をどう読むのかは違うんだな〜と改めて思い知らされます。


▼5. 尊敬する人は?

作家として好きという意味ならば、村上春樹さんです。

が、それはそれとして川原礫さんは、すげーなと思います。現代における文学の在り方について、いろいろ考えざるを得ません。


▼6. 目標とかありますか?

面白い本を書くこと。

それも、とびっきり面白い本を。


▼7. 描きたいジャンルは?

(゚∀゚)o彡゜ファンタジー! ファンタジー!


▼8. 回してくれた人(晴海まどかさん)の作品どう思う?

妙な表現ですが、「基本的な部分がしっかりしている」という印象を強く受けます。読んでいて安心感があるというか、不安定感が少ないという感じ。ライティング技術とかプロットとか、そういう基礎が作品を支えている印象です。

そういえば、12月3日に新刊を発売されるということで今から楽しみです。

髪の毛探偵 石神くん

一つ言っておきますが、表紙にメガネっ娘を持ってくるのは反則です。


▼9. お疲れ様でした!

お疲れ様です!


▼10. 最後に回したい絵描きさん字書きさんをどうぞ!

では、『あずきちゃんと虹色クレヨン』のとしさんにバトンを回してみたいと思います。

あずきちゃんと虹色クレヨン
あずきちゃんと虹色クレヨン

はれときどきくもりZ

バトンは回ってきてないけど、自分も書きたいぜ!という方も、ぜひぜひどうぞ。

※質問は以下からどうぞ。

▼1. アイディアとかどうやって出してますか?
▼2. アイディアが出やすい場所は?
▼3. 作品仕上げるのにどれくらいかかる?
▼4. 今までで一番嬉しかった感想は?
▼5. 尊敬する人は?
▼6. 目標とかありますか?
▼7. 描きたいジャンルは?
▼8. 回してくれた人(高波一乱さん)の作品どう思う?
▼9. お疲れ様でした!
▼10. 最後に回したい絵描きさん字書きさんをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です