0-知的生産の技術

キュレーションに関するメモ書き

キュレーターが行うから、キュレーション。

キュレーター(ウィキペディア)

キュレーター(英語: curator)とは英語由来の外来語である。英語の元の意味では、博物館(美術館含む)、図書館、公文書館のような資料蓄積型文化施設において、施設の収集する資料に関する鑑定や研究を行い、学術的専門知識をもって業務の管理監督を行う専門職、管理職を指す。

学術的専門知識をもって業務の管理監督を行う


たとえば、博物館に行ったとする。

そこで、自分が想像するとおりの展示物が、想像する通りに並べられていたとしよう。

それにどれだけの価値があるだろうか。


たとえば、ニュースアプリを見ていたとする。

そこで、自分が読みたいであろう記事が、そうした記事だけが並んでいたとしよう。

そこにどれだけの価値があるだろうか。

もちろん、価値はある。ニュースを探し回らなくて済むわけだから。

では、それ以外の価値は?


ツールは使いよう。

自分の文脈を飛び越えるような情報との接点を持っていない限り、自分の文脈は豊かにはならない。

そのためには、ノイズを受け入れる必要がある。


最適化は素晴らしい。最適化は英知の結晶だ。

でも、大きな変化を乗り越えるのは、過剰な最適化ではない。

▼こんな一冊も:

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)
キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書) 佐々木 俊尚

筑摩書房 2011-02-09
売り上げランキング : 48299

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です