時事ニュース

全国学力テストの結果が公表

全国学力テスト結果公表、基本知識あるも応用力に課題(読売新聞)

文部科学省は24日、小学6年生と中学3年生を対象に今春実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。

 全員参加を前提としたテストとしては43年ぶりで、計算などの基本的知識は身についていたものの、応用力に課題があることが浮き彫りになった。

 都道府県別の結果では、ほとんどの自治体が全国平均に近い成績を収め、大きな格差は見られなかったが、学校ごとに見ると成績に開きが生じている実態も明らかになった。


基本的知識は身についていたものの、応用力に課題がある。
①基本的知識が身についていただけマシ
②だいたい今の大人だってこれと同じような状況
③大学生は基本的知識すら身についていないものが大量にいる

って感じがするんですがどうでしょう。だいたい基本的知識を教えて応用力を鍛えるような授業をしているのでしょうか。まずそこから疑問ですよね。
まあここ数年で教育というものが必然的に変わらなければいけない状況になってくるでしょう。あとは文科省がどれくらいフランクに権益から手を離して現場の声を生かしていけるか、ということでそのスピードが変わってくると思います。

ちなみにざっと見ると近畿は半分かそれより下くらいに固まっていましたね。ちょっと残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です