Evernoteの使い方

Scannableでレシートをスキャンしてみた

Scannable: Evernote の新しいモバイル用スキャンアプリ(Evernote日本語版ブログ)

新しいスキャンアプリがEvernoteから登場したということで、ちょっと使ってみました。

Evernote Scannable
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

といっても、私の日常生活には紙がほとんど登場しません。せいぜいが、家計簿・お小遣い帳管理に使うレシートくらいなものです。最近は、それをパシャパシャとiPhoneで撮影して、Evernoteに送信しているんですが、それをScannableでやってみました。

使い方については、すでにどこかのブログで丁寧に解説されていることでしょうから、ここでは詳細は割愛します。基本的には、アプリを起動、画面内にレシートを写す、アプリがレシートを認識、あとは送信、という流れ。アプリがレシートを自動的に認識するので、シャッターボタンを押さなくて良い、というのがポイントですね。

ただ、なかなか認識してくれなくて……みたいなこともあろうかと思います。白地のレシートの場合、青色の測量野帳→茶色の綴じノート→マクドナルドの黒色のトレーの順で、認識率(速度)が上がりました。コントラストが大切、ということですね。その辺を意識すると、使い勝手が上がるかもしれません。

レシートの撮影

ごく普通に写真アプリでレシートを撮影し、Evernoteに保存したノート。

screenshot

Scannableでスキャンしたノート。

screenshot

このあたりは好みの差があるかもしれません。レシートの質感みたいなものが残っているのは普通の写真の方でしょう。しかし、レシートなんてお店の名前・日付・品目・金額あたりがわかればOK、と考えるならScannableで充分です。むしろ、こちらの方がそれらのデータは読み取りやすいでしょう。

サクサク読み取って、ガッと送信したい場合は使い勝手は良いかと思います。ただ、私のiPhoneが貧弱なせいか(なんといっても4Sです)、途中で二回ほどアプリが落ちてしまったのがタイムロスとなりました。まあ、スキャンしたデータはきちんと保存されていたので問題はなかったわけですが。

さいごに

あと、ちょっと笑い話ですが、「餃子の王将」のレシートがなぜか名刺ノートに振り分けられていました。実に不思議です。むしろ、アルゴリズムに興味があります。まあ、ラーメン店データベースを作る場合なんかには、この方が良いのかもしれませんが。

screenshot

私は大きな紙を毎日処理する、ということはほとんどないので、こういう小回りのきくスキャンアプリは大歓迎です。もうしばらくレシート撮影の日々を送ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です