0-知的生産の技術

専門と一般のブリッジング[今日の情報カードより]

Scannable

上級者が初級者に教える場合は、段階を設定する必要はあるものの、最終的には同じレベルまでの引き上げが目的となる。一から十要素があるなら、一から十教えていけばよい。

対して、専門分野の知識(たとえば法律など)を、一般の人に伝える場合は同じようにはいかない。一般は専門を目指しているわけではないからだ。一から十を段階的に教えることなど不可能である。

かといって、時間つぶしのトリビアを伝授しても意味は無い。そんなことはわざわざ専門家がやるのは時間の無駄である。その分野の知識が、少なくとも一般的生活において「使える」ようになってこそ意味というものが出てくる。

そのためには、全体の中で何が知識として必要なのかを確定し、それをいかにすれば伝えられるのかを考えなければならないだろう。それは初級者へのレッスンとは__共通する部分はあるにせよ__違ったものになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です