物書き生活と道具箱

こういう物書き用エディタがあったらいいな

荒っぽいアイデアで申し訳ないんですが、以下のようなエディタがあったらいいな、と。

screenshot

物書き用のエディタです。

プログラマーのエディタのような物書きのエディタ(Word Piece)

こういう「プログラマーが作ったプログラマーのためのエディタの機能」に相当する「物書きが作った物書きのためのエディタの機能」ってどんなものなんだろうとよく考える。

上の記事を読んでからいろいろ考えていて、ちょっと思いついたのをHTMLで組んでみただけな(だから、実際には機能していない)んですが、考えてみれば考えてみるほど、こういうエディタがあったらいいんじゃないかと感じます。

概要

大きく4+1のブロックで構成されています。

screenshot

左上が「project-tree」。ようするにタスク管理です。役割があり、大プロジェクトがあり、中プロジェクトがあり、中プロジェクトがあり……、でいちばん最後に作業があって、そこに何かしらのファイルが関連づけられます。本文のブロックで表示されているのはそのファイル。

パソコン上のフォルダとほぼ同じなのですが「初稿 > 書き始め」「初稿 > リライト」のように工程ごとに分かれているのが一つのポイントになります。

ブロックを右に移動すると「概況」。今これからやる作業が明示されています。あと、一つ前に行った作業も備忘録代わりに表示。

下に移動すると本文です。エディタ部分です。ここではテキストエディタが表示されています。もちろん、ヘッダー部分(本文と書かれているところ)をクリックすれば、拡大表示になり他のブロックが消えてしまう、という機能は必要でしょう。

でもって左に移動して「recent task」が確認できます。アクティビティログとか、コミットリストのようなものです。過去の作業を確認することで、全体の進捗と「今どのへんにいるのか」が把握しやすいようになっています。

一番下はスタイルシートなんですが、これはHTMLだからであって、ようはフォントやカラーの変更フィールド。できるだけ細かい部分まで調整できるのが望ましいですが、普段の状態ではhiddenになっています。

カスタマイズ性

で、ポイントは、これらのブロックが任意で変更可能ということです。つまり、他にもブロック・パーツがあり、好みに応じて選択できるのが、私が理想とする「物書き用エディタ」です。

他にどんなブロックがありうるのかというと、たとえば「アウトライン」「タイムライン」「Evernoteの直近ノート」「プロジェクト作業日誌」「カルマ数」「今月のトータル執筆文字数」「物書きの心得表」……となんでもありです。

さらにそれがプラグイン形式で他の人が作ったものをインストールできるならなおよし。

さいごに

もちろん妄想ではあります。

ただ、テキストと、そのテキストに関するメタ情報を同一平面上に(かつ別ファイルで)管理できるツールがあると、なかなか捗るのではないかと感じます。もちろん、感じるだけで、実際に使ってみないとなんとも言えないわけですが。

少なくとも、「タスク管理ツール」と「エディタ」の融合ぐらいはあってもいいんじゃないでしょうか。まあ、使用人数はそれほど多くないのでしょうけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です