Evernoteの使い方

Evernoteのメールによるノート作成が無くなって困っているなら

先日紹介したとおり、Evernoteに新しいプランが登場しました。

それに伴っていくつか変更があり、スタンダードプランから「メールによるノート作成」の機能がなくなりました。使う人はわりと便利に使っていたので、残念なところです(プラスとプレミアムにはあります)。

そんなときにはライフハッカーの心得第五条「迂回路を探せ」ですね。

ようはメールを送信して、Evernoteのノートが作成できれば良いわけですから、あのツールの登場です。そう、IFTTTですね。

IFTTTについては、以下をどうぞ。

シンプルなやり方

一番シンプルな方法は、「Gmailの受信箱にメールが入ってきたら、メールの本文を使ってEvernoteにノートを新規作成する」でしょう。これで、ほぼ理想の機能が手に入ります。

トリガーは、Gmailの「Any new email in inbox」で、アクションはEvenroteの「Create a note」。レシピを作ると、初期設定ではこのようになっています。

screenshot

仮に、次のようなメールを受信すると、

screenshot

Evernoteにこんなノートが作られます。

screenshot

日時や送信元が必要なければ、レシピの設定を変えましょう。本文(bodyplain)だけにもできます。

アレンジバージョン

普段Gmailを使っておらず、Evernoteに送信するためだけのアカウントとして運用するならば、このままのレシピでも問題ありません。

しかし、Gmailが普段使いなら、受信箱に入ったメールがすべてEvernoteにノート化されてしまいます。正気の沙汰ではありません。Evernote転送用に別のアカウントを作る手もありますが、その場合は通常のレシピが使えなくなります。残りの手としては、トリガーを変えることです。

「Any new email in inbox」ではなく、「New email in inbox from」を使い、普段自分が送るであろうメールアドレスを登録しておけば、メール→Evernote転送として十分機能します。複数のアドレスが想定されるなら、複数のチャンネルを作ればOkです。

さいごに

拙著『Evernote豆技50選』でもちらっと紹介しましたがEvernoteとIFTTTの相性は最高ですので、ぜひともIFTTTの使い方は覚えておきましょう。

他にもいろいろなことができますので。

Evernote豆技50選 (Espresso Books)
Evernote豆技50選 (Espresso Books) 倉下忠憲

倉下忠憲 2015-03-29
売り上げランキング : 65

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です