アウトライナーで遊ぼう 物書き生活と道具箱

WorkFlowy企画:第七回:かき混ぜることから生まれるもの

WorkFlowy企画:第六回:すべての根源たるもの

Shake!

WorkFlowyは何に使えるのか。

もちろん、リスト形式で扱えるものなら何にでも使える。買い物リスト、タスクリスト、アイデアメモ、原稿の下書き(箇条書き)、エトセトラ……。

ただ「書き終えた原稿の保管場所」としては、いまいちかもしれない。書き終えた原稿は消してしまうか、あるいはcompleteして見えなくするのが良いような気がする(もちろん、保管場所として使えないわけではない)。

二つの極を考えよう。

一つは現実世界の「もの」だ。アウトプットと言い換えても良い。それは単一である。もう一つの極は、私たちの頭の中(認識の状態)であり、それは混沌である。

私たちはその混沌から素材を切り分け、調理し、何かしらまとまりのあるアウトプットへとまとめていく。頭の中では、あれとこれとそれとが混ざり合っていたものを、「これは、あれです」と整えて、他人にわかる形で提出する。

WorkFlowyは、その中間あたり、あるいは少し頭よりのものを入れておくのに適している。そうしたものは、アウトプットのように固まりきってはいない。いつでも変化する可能性を秘めている。言い換えれば、うごめいている。じつに流動的な存在だ。

『アウトライン・プロセッシング入門』の中に、「シェイク」という概念が登場する。トップダウンとボトムアップの視点を交互に行き来するアプローチのことで、バーテンダーがシェイカーを上下に振る動作を何度も繰り返す、というイメージがあるのだろう。

「シェイク」は動詞であるが、日本語では名詞でもある。マクドナルドとかで買えるあれだ。ミルクセーキ。

そのシェイクは、飲み物なわけだが「液体よ!」という感じもしない。かといって、「固体ですたい!」という雰囲気でもない。中間的な存在だ。リキッドでもソリッドでもない。ある程度のかたまりはあるが、固まりきってはいない。シェイク。

WorkFlowyは、そうしたものをうまく受け止めてくれる。

ただし、それはWorkFlowyに保存しておけばOK、ということにはならない。シェイクというのは、やはり動詞なのだ。何もせず放置しておけば、それはいずれどちらかの極に偏りすぎてしまう。上に振り上げ、下に降り下げを繰り返すこと。それがシェイクであり、それがシェイクをつくる。

ちなみにこのイメージの面白いところは、単なる液体をどれだけ混ぜてもやっぱり液体だ、ということである。それを固体に向けて進めるためには、何かしら異質なものが必要なのだ。が、そのイメージの探求はここでは避けておく。

「頭の中がもやもやしていたら、それを書き出してみること」というアドバイスはよくある。私も賛成だ。そして、それをシェイクできると面白い。そこから何かが生まれてくるかもしれない。

脳のオーガナイズ

第八回に続く)

▼参考文献:

アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術
アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術 Tak.

2015-05-07
売り上げランキング : 49

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です