感想群

私を通り過ぎていった10のゲーム

天気が悪いせいか、気分がうつうつとしているので、何か楽しい話題でも。

人生におけるトップ10ゲームを選んでみる(2015/06版) #自分の人生においてトップ10に入るゲームをあげてけ(羽根帽子の太公望)

ふむふむ、10のゲームですね。ちょっとやってみましょう。

ドラクエ3

記憶がたしかなら、ファミコンと一緒に買った、つまり一番最初にやったビデオゲームな気がします。今やったら面白いのか、という疑問はありますが、昔はかなりはまり込んでいました。

ぷよぷよ通

ゲームギアというハードがありましてですね、カラーのモバイルゲーム端末だったわけです。で、ほんとにずっとやってました。「とことんぷよぷよをいつまで続けられるかが男の価値」みたいな妄想にはまり込んでいたのかもしれません。

デザエモン

簡単に言えば「シューティングゲームツクール」です。ドットを打って、主人公や敵機のグラフィックを描くことができ、また、スーパーファミコン版では、BGMもかなり作り込むことができました。弱々しいながらもDTMです。

私がプログラミングに興味を持ったのは、ゲームを作りたかったからですし、その意欲はたぶんこのゲーム(メタ・ゲーム)によって開発されたのではないかと思います。

リネージュ

MMORPG。登録して、数日やりこんで、すぐに止めました。「ゲームを始めてから、バイトと寝るとき以外ずっとログインしている」ということに気がついたからです。たぶん、止めて正解だったと今でも思います。

バーチャロン

アーケードの対戦ロボットアクション。

初代はあまりやったことがありませんが、オラトリオ・タングラムとフォースはやばかったですね。特にフォース。2on2の対戦なので、戦略の幅がぐっと広がり、それはもう中毒的にはまり込みました。

ハーフライフ 2 サバイバー

アーケードの対戦FPS。

バーチャロンからの流れではまり込みました。狙撃銃とバール(のようなもの)を構えて最前線を駆け抜けるスナイパー。クールです。

スパロボ

百花繚乱のロボット・シミュレーション。シリーズはだいたい制覇しております。

ゲーム自体がむちゃくちゃ面白いのかというと、別にそういうわけではないのですが、結局何周もプレイしてしまいます。あと、このゲームから原作のアニメへとジャンプしてしまうという、制作側の思惑にどっぷりはまり込んだ経験も多数です。

カタン

カタンをやる前は、ボードゲームと言えば「人生ゲーム」で、せいぜいが「モノポリー」ぐらいだったのですが、やってみて世界観が塗り替えられました。むちゃくちゃ面白いんですよね。ドミニオンとかに興味を持ったのも、カタンがこじ開けた穴からです。

カタンの開拓者たち スタンダード版
カタンの開拓者たち スタンダード版
ジーピー 2011-04-25
売り上げランキング : 110

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ボーダーブレイク

対戦ロボットアクション。というか、このジャンル多いな。系譜としては、バーチャロンの流れをくむものです。非常に金食い虫です。

一応現役プレイヤー。

Magic:The Gathering

トレーディング・カードゲーム。

湯水の如く、という言葉がぴったりなくらいにカードを買い込みました。さすがにベンツは無理ですが、古い軽自動車くらいなら余裕です。おそらく「はまった」度合いでいえば、一、二を争うゲームです。

Magic the Gathering
Magic the Gathering Wizards of the Coast

Wizards of the Coast 1997-02-01
売り上げランキング : 54698

Amazonで詳しく見る by G-Tools

麻雀

最後に挙げるとすれば、やはりこれでしょう。卓上ゲーム。

一応ギャンブルにカテゴライズされるわけですが、賭けなくても充分面白いです。あらゆるジャンルを含めて、一番経験が長いのもこのゲーム。麻雀普及委員会の会長でもあるので(会長しかいませんが)、今後も普及に努めたいと思います。

さいごに

振り返ってみると、ロボットゲーと戦略性のある対戦ゲームがずいぶん好きみたいですね。ロボットを自我の拡大、戦略をコミュニケーションの変形と捉えれば……みたいなややこしいことは考えずに楽しむのが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です