7-本の紹介

金融系の面白い漫画や小説なんかを紹介するぜ

どうも、20万を三ヶ月で100万にして、半年でそれを綺麗に溶かしたことがあるRashitaです。レバレッジって怖い。

さて、今回は金融・投資系の面白い小説や漫画を紹介してみます。まずは漫画から。

漫画

銀と金 1
銀と金 1 福本 伸行

フクモトプロ/highstone, Inc. 2013-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

鉄板です。3回は読みましょう。

サラリーマン金太郎 -マネーウォーズ編- プロローグ
サラリーマン金太郎 -マネーウォーズ編- プロローグ 本宮 ひろ志

サード・ライン 2012-10-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ベタですが、これも外せませんね。

クロサギ(1) (ヤングサンデーコミックス)
クロサギ(1) (ヤングサンデーコミックス) 黒丸 夏原武

小学館 2004-04-05
売り上げランキング : 60490

Amazonで詳しく見る by G-Tools

金融というか詐欺のお話なんですが、面白いです。

インベスターZ(1) (モーニング KC)
インベスターZ(1) (モーニング KC) 三田 紀房

講談社 2013-09-20
売り上げランキング : 4204

Amazonで詳しく見る by G-Tools

こちらは投資のお話。学生が主人公ですが、むろん投資に年齢は関係ありません。

ミナミの帝王 1 (ニチブンコミックス)
ミナミの帝王 1 (ニチブンコミックス) 天王寺 大 郷 力也

日本文芸社 1992-03
売り上げランキング : 20789

Amazonで詳しく見る by G-Tools

映画版しか見たことない人は、ぜひとも漫画もどうぞ。結構な巻数が出ていますが、どこから読んでもだいたいOKです。

小説&ノンフィクション

新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)
新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫) 真山仁

講談社 2013-09-13
売り上げランキング : 406

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ベタすぎて申し訳ないのですが、外せません。テレビドラマ版&映画版もぜひ。

百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)
百万ドルをとり返せ! (新潮文庫) ジェフリー アーチャー 永井 淳

新潮社 1977-09-01
売り上げランキング : 62707

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これもベタですが、とりあえずアーチャーならこの本を。

ライアーズ・ポーカー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ライアーズ・ポーカー (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) マイケル ルイス Michael Lewis

早川書房 2013-10-04
売り上げランキング : 136518

Amazonで詳しく見る by G-Tools

モーゲージ積の盛衰が描かれています。

世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)
世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫) マイケル ルイス Michael Lewis

文藝春秋 2013-03-08
売り上げランキング : 2929

Amazonで詳しく見る by G-Tools

サブプラムローンで儲けた人のお話。

ドル帝国の崩壊
ドル帝国の崩壊 マイケル・S. コヤマ 藤田 正美

イースト・プレス 2008-08-01
売り上げランキング : 1387949

Amazonで詳しく見る by G-Tools

まあ、エンタメです。

希望の国のエクソダス (文春文庫)
希望の国のエクソダス (文春文庫) 村上 龍

文藝春秋 2002-05-10
売り上げランキング : 36703

Amazonで詳しく見る by G-Tools

わかりにくいですが、これも投資のお話。

WORLD END ECONOMiCA (1) (電撃文庫)
WORLD END ECONOMiCA (1) (電撃文庫) 支倉 凍砂 上月 一式

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-12-10
売り上げランキング : 52008

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ライトノベルです。ほぼ凶器ぐらいの分厚さがありますが。

その他

株式投資これだけ心得帖 文庫増補版 (日経ビジネス人文庫)
株式投資これだけ心得帖 文庫増補版 (日経ビジネス人文庫) 東保 裕之

日本経済新聞出版社 2007-10
売り上げランキング : 50997

Amazonで詳しく見る by G-Tools

本当に基本的な要素がまとまっています。複雑なチャート分析をマスターする前に。

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか ナシーム・ニコラス・タレブ 望月 衛

ダイヤモンド社 2008-02-01
売り上げランキング : 10501

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ぜひとも頭にたたき込んでおきたい本。

さいごに

とりあえずぱっと思いつくものを挙げてみました。もちろん他にもいろいろ面白い本があると思いますので、「なぜこれが入っていないんだ」という方は自分で記事にしてください。面倒ならコメント欄をご活用ください。

そうそう、『アリスの物語』も一応投資系のお話ですね。一応。

アリスの物語 (impress QuickBooks)
アリスの物語 (impress QuickBooks) 倉下 忠憲 ぽよよんろっく

インプレス 2014-05-15
売り上げランキング : 49715

Amazonで詳しく見る by G-Tools

いろいろ読んでいくと、やはり鍵を握るのは「ルール」だということに気がつきます。

法律を知らないとだいたいえらい目にあいますし、また投資活動においても自分のルールを守れるかどうかが生死の分かれ目になったりします。ソロスもバフェットも、何かしらのルールを作り、それを守り続けてきたわけですから。

サブプライムローンで世間が湧き上がっている中で、それが破綻する方に賭け続ける心境を想像してみてください。周りからはバカ扱いされ、評価上のマイナスが積み上がっていくその状況でポジションをキープしつづける心境を。そこではルールと信念は一体化しています。

ともあれ、金融・投資の話は面白いものです。世界のシステムのお話と、人間の心の直接的な動きがもろに見えてきますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です