Evernoteの使い方

Evernoteプレミアムのアップロード容量が月間10GBに

Evernoteプレミアムの月間アップロード容量が10GBに変更されたそうです。

最適なサービスに向けて | Evernote日本語版ブログ

そこで、アップロード容量を「無制限」ではなく、毎月 10GB の上限を設けさせていただきました。これは既存ユーザの 99.999% のニーズを十分に満たす容量です。もちろん、一般的なファイルサイズは今後、より大きくなることが予想されますので、プレミアム会員の方が安心して快適にご利用いただけるように、アップロード容量も将来的に増やすなど継続的にサービスを改善していく予定です。

おぼろげな記憶では、それまで毎月1GBだったのが4GBになり、さらにEvernoteプラスの導入時に、無制限に引き上げられました。やった、これでアップロード容量のことを気にせずにEvernoteを使えるぜ!と喜んでいたところ、どうやら「共有地の悲劇」的なことが発生したようです。クラウドストレージ的に使う人が出てきたわけですね。

ネットワーク技術についてはまったくわかりませんが、一部のユーザーが大容量のファイルをアップロードし続ければ負荷がかかるのは容易に推測できます。全体のパフォーマンスにも影響が出てくるのでしょう。それはあまり望ましい状態ではありません。

正直なところ、「無制限」という響きは魅力的です。ファイル容量を気にせず使えるというのは、認知資源の解放でもあります。たぶんそれは「0円」の魅力にも似ているでしょう。

できることならば、無制限であり続けて欲しいところですが、しかし、現実的に考えてみて、一ヶ月に10GB以上のファイルをアップロードしているのかというと、これはまったくNoです。だいたい1GBのときですら余らせていました。テキスト、Webクリップ、解像度がそんなに高くない写真あたりでは、容量はぜんぜん使わないのです。

というわけで、10GBでも十分「プレミアム」には値する容量だとは言えそうです。また、ブログ記事にもあったように、将来的な容量の増加も検討されているようなので、長期的に見てもまあ大丈夫ではないか、という気はしています。


それはそれとして、打ち出したサービスを切り下げるというのは、簡単にできる決断ではありません。だって、批判が上がってくるのは目に見えています。それを折り込んだ上でも、サービスの全体を見てしかるべき判断を下せるのは、なかなかたいしたものだな、と素直に感心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です