自己評価の高低

自己評価が低い、といったことが問題視されることがある。たしかに、あまりに低すぎるのは問題だろう。

しかし、高低は相対的であり、基準によって変わる。

では、「自己評価が低い」とはどのような状況なのだろうか。


「その人の本当の質や価値に比べて、自身の評価が低い」


「大多数の人間の平均的な自己評価の度合いに比べて低い」


「その人が、他の人を評価している度合いに比べて低い」


「他の人が、その人に与える評価に比べて低い」


さて、どれだろうか。

あるいは、これ以外に何かあるだろうか。

コメントを残す